2009年09月30日

ミズヒキ

szk090914 021.01.jpg szk090914 020.01.jpg szk090914 019.01.jpg szk090914 013.01.jpg

 「水引」(みずひき)の花の初めていい写真が撮れました。雄しべ・雌しべもはっきりと確認でき、思わずガッツポーズ。

 そのうえ、全部が紅いと思っていた花弁の1弁だけ白いことを確認したのにはビックリ。「水引」との長い付き合いで、初めて知った事実です。

 いただいた草樹の中にまぎれて豆狸ンちにやってきて、かなり殖えた印象があったのですが、確認してみると現在は何とこの1株だけ。結実した実を採り播いて、もう一度復活させなくては。

 文献を紐解きますと、“和名は、その花穂を紅の水引にたとえたもの。白花のものを銀水引(ぎんみずひき)、紅白の混ざるものを(ごしょみずひき)という”とあります。

 豆狸としては不運にも、「銀水引」・「御所水引」も見たことがないのが残念です。せっかく「水引」がいるのだから、この2種類も何とか手に入れなくては。

 それにしても、よく撮れたと自画自賛している豆狸でした。

szk090914 015.01.jpg szk090914 014.01.jpg szk090914 016.01.jpg szk090914 018.01.jpg


■水引■【Antenoron filiforme】
タデ科

参考文献;『図説 草木名彙辞典』柏書房


ラベル:水引 ミズヒキ
posted by 豆狸 at 05:10| 大阪 ☔| Comment(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。