2009年09月29日

フンガイ・憤慨・糞害2

szk090928 002.01.jpg szk090928 001.01.jpg

 メタボ・メタボとメディアがこぞって煽るようになって、近頃やたらと目に付くようになったウォーキングをしてる人と、犬と一緒に散歩に散歩してる人。

 それにしても今まで犬の散歩といえば朝のイメージがあったのですが、最近は夜中やまだ日もあけ切らぬ早朝にしている人が多いのにはビックリ。

 そのせいか朝一玄関を出るなり、門柱脇にある電信柱に犬のマーキングや××がされていて、大慌てで掃除ということになることがたびたび。

 そういうことが何回かあって、犬を散歩に連れてる人をよく観察してみると、夜中や早朝にかけての夜組は犬のリード線を持ってるだけで、後は手ぶら。

 日中散歩に連れている人でも、犬が排便を始めると途端に周りを見渡し、人がいなければ××はそのまんま放置したまま。人がいれば持ち帰るといった具合。

 生活道路であろうと、人んちの玄関先であろうと、ガレージ・更地もお構いなし。ひどいのになると、お寺のトイレにわざわざ犬の××を流すほど。

 こんな所からもモラル・ハザードが始まっているみたいですが、日本人っていつからこんなふうになってしまったのでしょう?


posted by 豆狸 at 04:50| 大阪 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。