2009年09月02日

悩むなぁ

szk090724 005.01.jpg szk090724 002.01.jpg szk090724 006.01.jpg

 今年も去年同様に、大和蜆蝶(やまとしじみちょう)の食草「片喰」(かたばみ)を栽培していると、去年にも増して広範囲に葉っぱが丸坊主。

 今年は去年にも増して、大和蜆蝶が見れると期待をしていたら、あにはからんや確認できる成虫の個体数の少なさに首をひねるばかり。

 そう思って連日「片喰」の鉢を観察していたら、偶然早朝に薄茶色の小蟷螂(こかまきり)を発見。

 両鎌になにやら得物を挟んで、一心に食事中。よく見れば、獲物は丸々と太った大和蜆蝶の終令幼虫。

 個体数の少ない原因がわかった物の、害虫駆除に奔走してくれている小蟷螂を退去願うのも気が引けるし、大和蜆蝶は見たいし、どうすればいいか悩むところです。

■小蟷螂■【Statilia maculata Thunberg】
カマキリ科



posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。