2009年06月19日

殖えてくれた

szk090617 008.01.jpg szk090617 010.01.jpg szk090617 009.01.jpg szk090617 014.01.jpg

 文献によると、分球は難しくて、実生しないと維持は困難なのに発芽率は低いという、かなり手ごわい相手の「雛蘭」(ひならん)

 置き場所が良かったのか、豆狸ンちの環境に合ったのか、株が殖えたみたいで、花茎も去年より多く出してくれました。

 たぶん難しいのはこれからで、今後の維持管理を慎重にしていかな
くては元の木阿弥になってしまうので、これからは慎重に対処していきたいと思います。

 それにしてもこれだけ花が小さくて花茎が長いと、チョッとの風でも花がぶれて、写真がホンと撮りにくい・撮りにくい。

szk090617 017.01.jpg szk090617 022.01.jpg szk090617 024.01.jpg 
■雛蘭■
ラン科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


ラベル:雛蘭 ヒナラン
posted by 豆狸 at 05:49| 大阪 ☁| Comment(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。