2009年06月17日

種発見

szk090616 003.01.jpg szk090616 001.01.jpg szk090616 004.01.jpg

 「黄花アッツ桜」(きばなアッツざくら)が、ポツポツとコンスタントに咲きつづけてくれています。

 長い間球根で殖えるとばかり思っていたのですが、思いもかけない所から花が咲いたのを期に、注意深く調べてみることにしました。

 今まではこまめに花殻を摘んでいたのですが、母狸のこともあって世話ができないでいると、急に花数が増え始めたのでした。

 偶然、花弁部分が落ちた花殻を見てると、何か小さな物が見えます。手にとって見ると、どう見ても種。

 花が咲いた後の花殻は、ほとんどがシイナですがたまに種を持っている花殻があることを見つけました。触ってもプツッとした感触があるので、すぐにわかります。

 これが知らず知らずのうちにこぼれて、殖えてきたようです。これで思いもかけない所から花が咲いたことも、花数が殖えたことも説明がつきます。

 黄色は母狸が好きな色。いっぱい殖やして、喜んでもらおうっと。

szk090616 009.01.jpg szk090616 013.01.jpg szk090616 012.01.jpg


■黄花アッツ桜■
コキンバイザサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらhttp://e-mameda.seesaa.net/からどうぞ。


ラベル:黄花アッツ桜
posted by 豆狸 at 04:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。