2009年05月25日

これは一体Part2

szk090521 008.01.jpg szk090521 007.01.jpg szk090521 002.01.jpg

 去年は6月に咲いてくれたので、もうそろそろ蕾が付いてくれてもと期待の高まる、「亀甲馬鈴草」(きっこううまのすずくさ)です。

 特徴的なのはこの葉っぱ。親戚筋の「双葉葵」(ふたばあおい)にも似たきれいな葉っぱをしています。

 が、これと同じ葉っぱをしたのが、もう一鉢見付かったんです。それも前回と同じ家を挟んでの反対側の棚どうし。一緒の棚場に置いた記憶もないし、種を播いた覚えもありません……。

 と思いつつ、ブログで「亀甲馬鈴草」を見直してみると、何と2007年11月19日のブログに「亀甲馬鈴草」らしき物の採り播きしてるって、チャンと自分で書いてるではではありませんか★

 ほんと豆狸の記憶って、いい加減な物ですねぇ。完璧に忘れてる自分を呆れるばかりです。とはいえ、これではっきりと「亀甲馬鈴草」ってことがわかりました。ブログに書いてなかったら、わからずじまい。

 見つけた種は、ダメモトでとりあえず播いておくのが、一番のようです。わかって、よかった。

szk090521 001.01.jpg szk090521 009.01.jpg szk090521 004.01.jpg szk090521 007.01.jpg

■亀甲馬鈴草■
ウマノスズクサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。