2009年02月05日

萼筒が埋まってる

szk090203 012.01.jpg szk090203 019.01.jpg szk090203 016.01.jpg

 コレも地際、というよりも萼筒がほとんど土の中に埋まってしまってる「那谷寺寒葵」(なたでらかんあおい)が咲いてくれました。

 文献やネットで調べて見ても、豆狸ンちのはチョッと埋まりすぎの感じ。花が終わりかけたら、いっぺんチョッと掘ってみて萼筒がどうなってるか見てみようと思います。

 ホンとこれなんて、地際とツライチ。これでも、こちらが心配するほど萼片は汚れたり、土が乗ったりしないんですよねぇ。

 去年も1輪、今年も1輪。「那谷寺寒葵」も何とか維持できたみたいです。

szk090203 014.01.jpg szk090203 015.01.jpg szk090203 017.01.jpg

 ★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■那谷寺寒葵■
ウマノスズクサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


posted by 豆狸 at 04:39| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。