2009年01月20日

木蔦の寒さあたり

szk090117 020.01.jpg szk090117 026.01.jpg szk090117 030.01.jpg szk090117 032.01.jpg

 寒さにあたって、きれいに紅葉している「木蔦」(きづた)です。春になるとまた青味が差して、もとにもどります。

 以前から木になってる、立ち上がり部分のヤケが徐々に広がっていて、このままでいくと遅かれ早かれ腰折れしてしまうことは確実なようです。

 今現在は、アルミ線の補強が功を奏してグラつきはなく、2本の水道でどうにかこうにか頑張ってくれています。

 このまま症状に応じて対応していくか、危険を冒してでも枯れ部分を全部取り除いて、カットパスターで肉まきを促進させる根本治療に踏み切るか、悩むところです。

szk090117 021.01.jpg szk090117 022.01.jpg szk090117 023.01.jpg szk090117 024.01.jpg

■木蔦■【Hedera rhombea】
ウコギ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


ラベル:木蔦 キヅタ
posted by 豆狸 at 05:03| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。