2008年10月27日

蔓豆

2008年10月12日0002.01.jpg 2008年10月12日0001.02.jpg 2008年10月12日0001.03.jpg

 ウォーキングルートの往路の途中に、切り立った斜面にびっしりといろんな人里植物が生えてるところがあります。

 たまたま面白い物を見つけたので、採取して持ち帰ったのですが、残念なことにマイスキャナーが修理中。代替品でとりこんで見たのですが、あまり画像が良くなくてガッカリ。

 2週間後、今度はデジカメで録るべしで、再び採取したのですが、すでに落葉してて豆の色も黒っぽくなっていて、これまた残念。

 この豆、調べてみると「蔓豆」(つるまめ)といって、野原や道端に普通に生える蔓性1年草です。文献には、“普通に生える”とありますが、豆狸としては、初見参。

 豆狸の大好きな、「大豆」はこの「蔓豆」の改良品と考えられていて、江戸時代以来、飢饉のときの救荒植物として、チャンと人の役に立っていたようです。

 っていうことは、食べられるってことなんですが、う〜んチョッとそれを試す勇気がないなぁ。

szk081026 009.01.jpg szk081026 010.01.jpg szk081026 012.01.jpg

参考文献;『日本の野草』山と渓谷社
       『図説 草木名彙辞典』柏書房

■蔓豆■【Glycine soja】
マメ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


ラベル:蔓豆 ツルマメ
posted by 豆狸 at 05:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。