2008年10月15日

★わ・か・っ・た・ぁ★

IMG_0989.01.jpg szk081013 002.01.jpg szk081013 003.01.jpg

 10月3日のブログ“「赤芽柏」かな?”で、“何はともあれ、早急に種を拾わなくては”ということで、毎朝その樹の前を通るたびに、下を注意深く見て歩く日々。

 ついに一つだけ発見。大きさの割りに、変に軽い。振ってみても、カラ・カラとも何の音も聞こえないし、動いてる風もありません。しいな?≠フ疑問を抱きつつ持ち帰りました。

 さっそくカッターで、パキっ★ 飛び出したのは、蜘蛛の子を散らしたみたいな、羽のついた小さな種。

 さっそくデジカメで撮って、調査開始。何処から手をつけたらいいかも見当もつかないので、またまたローラー作戦。

 『樹に咲く花』を1頁1頁チェック。2冊目でついにヒット! なんとビックリ、想像もしなかった「桐」(きり)。そう“桐の箪笥”の「桐」です。

 それがあんな斜面にポツンと。「桐」って、どうしても自生してるよりは、植栽されてるイメージが強くて、それがあんな急斜面にポツンと。

 一つの疑問が解けて、新たな疑問が又一つ。

szk081013 005.01.jpg szk081013 004.01.jpg szk081013 008.01.jpg

参考文献;『樹に咲く花 合弁花・単子葉・裸子植物』山と渓谷社

■桐■【Paulownia tomentosa】
ゴマノハグサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


ラベル: キリ
posted by 豆狸 at 05:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。