2008年10月09日

「江戸の花」…

szk080927 017.01.jpg szk080927 013.01.jpg szk080927 014.01.jpg

 9日の“月命日”にあわせて、花たちが咲いてくれています。花弁の江戸紫も鮮やかな、ほととぎす「江戸の花」(えどのはな)もその一つ。

 この紫は母狸が好きだったので、玄関に飾ろうと思っていたら、咲いた翌日にきれいサッパリ丸坊主。

 びっくりして他の「ほととぎす」を見てみると、同じような惨憺たる有様。ほぼ豆狸ンちの「ほととぎす」は壊滅状態。

 犯人はとさがしてみたら、棚場の端っこのほうで身を縮めて隠れてるのですが、太ったからだが茎からはみ出て、背中の突起が嫌に目立っています。

 一瞬、「イラガ」の幼虫?っと思って驚いたのですが、よく見ると「ほととぎす」を食草にしてる「ルリタテハ」の幼虫。かわいそうとは思いましたが、早々に退散願いました。

 薬剤散布を減らすと、虫たちが来てくれて嬉しいのですが、こういうこともあるので、バランスが難しいところです。

■ほととぎす「江戸の花」■
ユリ科/草丈45cm/左右18cm/花径3cm/奥行き3cm/鉢;お手製の「椀鉢」

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


posted by 豆狸 at 10:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 杜鵑草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。