2008年08月16日

大和蜆蝶

szk080815 002.01.jpg szk080815 009.01.jpg szk080815 001.01.jpg

 大鉢植えの「福寿海」(ふくじゅかい)、地上部がなくなった途端に、何処からとも無く「片喰」(かたばみ)が、飛び込んできました。

 普通なら抜いてしまう「片喰」なんですが、「大和蜆蝶」(やまとしじみ)の食草ということもあって、今回あえて抜かずに置いておくことにしたのでした。

 徐々に繁茂していく「片喰」、なかなか葉っぱに食跡がつかないなぁと思っていたら、今日気付いてみると1株見事に坊主になってるではありませんか。

 よぉ〜く見てみると、ちっちゃなアオムシが無心に「片喰」を食べてるいます。見つけた途端、思わずガッツポーズ。

 思惑通りに、「大和蜆蝶」の幼虫です。体に蜜腺があるので、まわりをアリたちが蜜を貰おうとウロウロして、かいがいしく世話を焼いています。

 このまま無事に、サナギになって蝶々になってくれると、嬉しいのですが。それにしても体の割りに食べるのが凄い。このままじゃ、すぐに「片喰」がなくなっちゃうよ。

szk080815 004.01.jpg szk080815 006.01.jpg szk080815 008.01.jpg

■大和蜆蝶■【Pseudozizeeria maha】
チョウ目シジミチョウ科

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ヤマトシジミ(蝶)”の項参照

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。



posted by 豆狸 at 04:20| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。