2008年07月31日

ヤモリ

IMG_0481.01.jpg

 久しぶりのウォーキングの代償として、左腿の後ろ側筋肉痛。両かかとの水ぶくれ。右足人差し指が、サンダルのベルトの角に当たって擦過傷。右足裏小指のした辺りに以前からあった裂傷が悪化。休んでた代償は、思ってたほど大きくなくて、ホッと一安心。

 今日も今日とて、朝のウォーキングに。“成田山不動尊”でトイレに行くと、なにやら窓にへばりついてる物が。「ヤモリ」です。常夜灯に集まってくる虫をねらってるようです。

 見つけたのは、正式には「ニホンヤモリ」【Gekko japonicus】。国内では、民家やその他の建造物に生息している“人里生物”で、野外には生息していません。元は中国等からの荷物に紛れ込んで、人の生活域に合わせて分布を広げたと考えられています。

 豆狸が大阪市内から今の家に引っ越してきた、26年前の昭和57(1982)年では、豆狸ンちの猫の額よりも狭い庭にも「ヤモリ」・「カナヘビ」・「カエル」が来てたのですが、まずは「カナヘビ」が来なくなり、次に「ヤモリ」。2年ほど前からは、「カエル」も見なくなりました。

 見なくなるのは寂しいし、来る物は拒まずですが、できれば鳥たちが来てくれるようにしてみたいと思います。

 それにしても、いつも「ヤモリ」と「イモリ」で戸惑ってしまいます。冷静に考えれば、「ヤモリ」は“家守(守宮)”で、家の中、「イモリ」は“井守”で水の中なんですけどねぇ。

IMG_0480.01.jpg IMG_0479.01.jpg

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ヤモリ科”の項参照

■ニホンヤモリ■
爬虫綱有鱗目トカゲ亜目ヤモリ下目ヤモリ科


ラベル:ヤモリ
posted by 豆狸 at 04:29| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。