2008年07月25日

片喰

szk080717 008.01.jpg szk080721 001.01.jpg szk080721 002.01.jpg

 一度入り込んでしまうと、なかなか出て行ってくれない「片喰」(かたばみ)です。花は“半日花”かと思うくらい、咲いたかと思うしりから結実していきます。

 中には、「菫」の“閉塞花”みたいに開花もしないで、愛想程度に花弁をチョッとだけ除かせて、結実するのもあるくらいです。

 種だけならまだしも、気がつけば匍匐茎も四方八方に伸ばしていきます。この旺盛な繁殖力、放って置いたらそれこそ棚場を占拠されかねません。

 見つけ次第、抜くことにしていますがただ、カタバミを食草としてる「ヤマトシジミ」のこともあるので、少しは残すようにしています。

 それにしても「片喰」だけならまだしも、葉っぱの赤い変種の「赤片喰」(あかかたばみ)までが入り込んできてるのには驚きです。

szk080723 001.01.jpg szk080723 003.01.jpg szk080723 005.01.jpg

■片喰■
カタバミ科/草丈5cm/左右6cm/花0.5cm


●別のブログ『豆狸の我楽多ポン★』を立ち上げました。興味のある方は、こちらからどうぞ。


ラベル:片喰 カタバミ
posted by 豆狸 at 05:22| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。