2009年11月16日

星斑姫葉蘭

 今回は九州南部の宇治群島・黒島・諏訪之瀬島が野生地といわれてる「葉蘭」(はらん)の植え替えです。

 「葉蘭」は「葉蘭」(ばらん)・「馬蘭」(ばらん)ともいわれ、別名「葉蘭」(ばれん)・「一葉」(ひとつば)とも呼ばれています。

 豆狸ンちの「星斑姫葉蘭」(ほしふひめはらん)は中国原産の品種で、姫性ということで平成16年3月に種苗会社から入手した物です。
szk091107 024.01.jpg

 春先掃除をしていた折たまたま花殻を見つけ、花の写真が撮れなかった悔しい思いがあります。株も鉢の縁に偏って、窮屈そうなので植え替えることに。

 株を鉢から出してみると、根っこは下には行かず水平方向に発達して充実しています。地下茎も見事にV字形になり、殖えていることがわかります。
szk091108 008.01.jpg szk091108 010.01.jpg szk091108 012.01.jpg

 根っこは見た目とは違って、丈夫でなかなか言うことを聞いてくれません。鉢に入れた株の地下茎が発達する部分にスペースを確保するために、手で押さえたまま土を入れて突きこんでいきます。
szk091108 014.01.jpg

 土がしっかり入って根っこが動かないことを確認してから、ようやく手を抜きます。鉢はひとまわり大きな伝市鉢にして、地下茎が充分発達できるようにしてみました。
szk091108 017.01.jpg

 これで地下茎が充実して、今年こそは花の写真が撮れますように。……、そういえば今は亡きお祖父ちゃんちの手水鉢の下に、普通の「葉蘭」が植わってたなぁ。

■星斑姫葉蘭■
ユリ科

参考文献;『図説 草木名彙辞典』柏書房
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ハラン”の項参照

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日も、目立った動きは認められず。気温が下がり始めたことも、多少影響があるのかもしれません。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。



posted by 豆狸 at 04:41| 大阪 ☁| ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。