2009年09月27日

鬼の手みたい

szk090901 003.01.jpg szk090901 001.01.jpg szk090901 002.01.jpg

 花芽が出た当初、伸びきった時点で枯れてしまい、去年は1本だけだったので今季花は拝めずじまいと諦めていたら、新たに2本花芽が出てくれた「指甲蘭」(しこうらん)。

 「指甲蘭」は、現在絶滅の危険が増大している[危急種]。自生地は種子島からスリランカにかけてのどちらかといえば暖かい地方で、もともと個体数が少ないと言われています。

 豆狸ンちで適応してくれるかどうか心配だったのですが、温室の必要も無くて普通に越冬してくれています。

 名前の由来は、花序を指の項に見立ててつけられたといわれていますが、豆狸的には花を見ていると人の手というよりも、鬼の手みたいです。

 2本の花茎の花も咲き終わり、今季は3輪も拝めたと喜んでいたら、何と四つめが顔を出し始めたではありませんか。

 豆狸ンちでは花の端境期のこの時期、貴重な戦力として活躍してくれています。この花母狸に見せたかったなぁ。

szk090906 006.01.jpg szk090906 001.01.jpg szk090925 002.01.jpg

■指甲蘭■【Bulbophyllum macraei (Lindley) Reichenbach fil.】
ラン科


posted by 豆狸 at 05:16| 大阪 ☁| Comment(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。