2009年09月12日

『こけゼリー』補足

szk090911 015.01.jpg

 「こけゼリー」に関して、“ゆう”さんより耳寄りな情報をいただきました。

 “またお邪魔します。それはイシクラゲというもののようです。下記のウィキペディアをお読みください。うちでも、南京花桃の鉢に出ました。水はけの悪い所に発生するようです。「食べられる」とあったので、ほんのひとかけら食べてみました。海藻の一種のような食感でした”

 というわけで、さっそく教えていただいたフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
<イシクラゲ>
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B2の項を参照。

 たぶんこれ以上詳しい資料はないと思われるので、興味のある方は是非ご一読を。

 興味深かったのは、“乾燥状態では地面にへばりついた黒いかさぶたのように見え、手で揉めば小片-粉末状に壊れる”で、この状態を豆狸も確認していますが、まさか「イシクラゲ」の乾燥状態とは。

 たしかこの状態のとき、水やりをしても水をはじくので、一生懸命取ったのを覚えています。

 “ゆう”さんのおかげで、長年の疑問が氷解。ホンとに“ゆう”さん、教えていただいてありがとうございました。感謝・感謝です★★★

 それにしても、木につくのが「キクラゲ」、石につくのが「イシクラゲ」、海でよく見るのが「ミズクラゲ」、坂にいるのが「サカサクラゲ」って言うことでしょうか。

szk090911 018.01.jpg szk090911 020.01.jpg


■イシクラゲ■【Nostoc commune】
ネンジュモ科

参考資料;フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“イシクラゲ”の項参照


ラベル:イシクラゲ
posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。