2009年05月31日

金平糖

szk090530 002.01.jpg szk090530 004.01.jpg szk090530 007.01.jpg 

今日、掃除をしようと棚場から出してみると、3月31日のブログに書いた「糸酸塊」(いとすぐり)が結実していました。

 小さな豆が集まったというか、バナナというか、そんな感じの集合体で一番数の多いのは、まるで金平糖みたいです。

 まだグリーンシードですが、ひねて色が変わり始めたら、タイミングを見て中の種を取り出してみたいと思います。

 それにしてもまばらに付いているこのバナナの房みたいな実、皆数が違うなんてちょっと驚き。

 まだまだ生態のわからない「糸酸塊」、これからさらに注意深く観察を続けていたいと思います。

szk090530 014.01.jpg szk090530 006.01.jpg szk090530 015.01.jpg

■糸酸塊■
ユキノシタ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


posted by 豆狸 at 04:42| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユキノシタ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

まだまだ

szk090529 001.01.jpg szk090529 005.01.jpg szk090529 004.01.jpg szk090529 009.01.jpg 

 2月25日のブログにも書いた「浜姫榊」(はまひさかき)の実の今の状況です。

 まだ二鉢とも、まだまだ臙脂色の小さくて硬そうな物から、鮮やかな緑色で充分にふくれたのや、その中間の状態の物が千差万別さまざまな状態ですが、嬉しいことにまだ枝にしっかりと付いています。

 この鉢の方がふくれているのが多くて、きれいです。もう一鉢は圧倒的に臙脂色の硬そうなのが多いです。同じ場所においていても、かなり成長具合が違います。

 この先グリーン色の実は熟れて色が変わるのか、まだまだ大きくなるのか、どうなるのか、まだまだ眼が離せない「浜姫榊」です。この実、メチャメチャ可愛いですよ。

szk090529 007.01.jpg szk090529 008.01.jpg szk090529 010.01.jpg

■浜姫榊■【Eurya emarginata】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

蔦葉海蘭咲いた

szk090527 002.01.jpg szk090527 001.01.jpg szk090528 001.01.jpg

 去年の11月4日のブログで書いた「蔦葉海蘭」(つたばうんらん)に、念願の花が咲きました。

 蔓性らしくなかなか立つことができずに、鉢からこぼれた先で花を咲かせています。こういう姿を見ると、一番「蔦葉海蘭」らしく見えます。

 今回運よく結実したら小鉢に採り播きして、高卓に飾ってみるのも面白いと思ので、今年はそれを作ってみようと思います。

szk090528 004.01.jpg szk090528 003.01.jpg szk090527 015.01.jpg

■蔦葉海蘭■【Cymbararia muralis】
ゴマノハグサ科


●話は変わりますが、2008年12月14日のブログ、タイトルの『有希』が引っかかるのか、いかがわしいコメントやトラックバックが毎日書き込まれます。あんまり酷いので、タイトルを変更しました。タイトルも気をつけないと、何が書き込まれるかホンとわかりません。

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 09:45| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

朝熊黄楊?

szk090526 011.01.jpg szk090526 012.01.jpg szk090526 013.01.jpg

 「朝熊黄楊」(あさまつげ)が咲きましたと、現物を見ながらブログを書いていて、これひょっとして「犬黄楊」(いぬつげ)っていう思いが頭をよぎりました。

 見れば見るほど「犬黄楊」の、それも雄木。これは挿し木で、親木のほうは当然「朝熊黄楊」。信用できる方から譲っていただいたので、まず間違いは無いと思うのですが。

 チョッと頭が混乱していますので、とりあえず入手した「朝熊黄楊」にしておきますが、一度キッチリと調べて見ることにします。

szk090526 014.01.jpg szk090526 016.01.jpg szk090526 018.01.jpg szk090526 017.01.jpg

■朝熊黄楊■
ツゲ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

締めるの、やめよかな

szk090526 001.01.jpg szk090526 002.01.jpg szk090526 004.01.jpg

 今年も野茨「みやび」(のばら「みやび」)が、咲いてくれました。ここ何年かちゃんとした手入れの出来てないのに、本当にありがたいことです。

 こんなきれいな花が咲くのに、多花性という樹性のよさ。もう締めるのはやめて、もう少し大きくしてもっとたくさん花を付けるようにしようっと。

 1度は見たい、野茨「みやび」のローズヒップ。一体どんなのができるのでしょう? でもホンとこの色は、ミヤビやなぁ。

szk090526 005.01.jpg szk090526 003.01.jpg szk090526 008.01.jpg

■野茨「みやび」■
バラ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

一人で剪定

szk090524 001.01.jpg szk090524 002.01.jpg szk090524 003.01.jpg

 5月16日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)。去年、一昨年と剪定が出来なかったので、思い切ってすることに。

 例年の強剪定だと花数が少ないので、多少樹高は大きくなるとしても今回より軽い目の剪定にすることにしました。

 いつもなら地植え椿「宝珠砂子」の剪定をするときは、母狸と二人で樹を挟んで立って、裏表両方から見ながら剪定をしていきます。

 二人ですると早く済む作業も、一人ですると、作業効率も悪く時間もかかりまったくはかどりません。それでも母狸と一緒にやっていたときのことを思い出しつつ、ようやく完成。

 ぱっと見、あまり変わったようには見えませんが、剪定した枝を集めると45リットルのゴミ袋半分ほどになりました。

szk090524 004.01.jpg szk090524 005.01.jpg szk090524 006.01.jpg

■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:51| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

これは一体Part2

szk090521 008.01.jpg szk090521 007.01.jpg szk090521 002.01.jpg

 去年は6月に咲いてくれたので、もうそろそろ蕾が付いてくれてもと期待の高まる、「亀甲馬鈴草」(きっこううまのすずくさ)です。

 特徴的なのはこの葉っぱ。親戚筋の「双葉葵」(ふたばあおい)にも似たきれいな葉っぱをしています。

 が、これと同じ葉っぱをしたのが、もう一鉢見付かったんです。それも前回と同じ家を挟んでの反対側の棚どうし。一緒の棚場に置いた記憶もないし、種を播いた覚えもありません……。

 と思いつつ、ブログで「亀甲馬鈴草」を見直してみると、何と2007年11月19日のブログに「亀甲馬鈴草」らしき物の採り播きしてるって、チャンと自分で書いてるではではありませんか★

 ほんと豆狸の記憶って、いい加減な物ですねぇ。完璧に忘れてる自分を呆れるばかりです。とはいえ、これではっきりと「亀甲馬鈴草」ってことがわかりました。ブログに書いてなかったら、わからずじまい。

 見つけた種は、ダメモトでとりあえず播いておくのが、一番のようです。わかって、よかった。

szk090521 001.01.jpg szk090521 009.01.jpg szk090521 004.01.jpg szk090521 007.01.jpg

■亀甲馬鈴草■
ウマノスズクサ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

これは一体

szk090521 010.01.jpg szk090521 011.01.jpg szk090521 010.02.jpg szk090521 015.01.jpg

 今季も「におい半夏」(においはんげ)が咲き始めました。ここ何年かの手入れの悪さがたたって、今季は花数が激減してしまいました。

 当然のこととはいえ、ショックを受けて棚場をまわっていると、地上部が無くなった「韓国雛祭草」(かんこくひなまつりそう)の鉢に、見たような小さい葉っぱが。

 ようく見てみると、何と「におい半夏」の葉っぱ。「におい半夏」の棚と「韓国雛祭草」の棚は、家を挟んでの反対側どうし。一緒の棚場に置いた記憶もないし、これは一体どうなっているんでしょうねぇ?

szk090521 017.01.jpg szk090521 021.01.jpg szk090521 018.01.jpg szk090521 019.01.jpg

■におい半夏■
サトイモ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

舞妓紫陽花

szk090521 023.01.jpg szk090521 024.01.jpg szk090521 025.01.jpg

 平成3年の3月に入手して以来、過去1度も咲いたことが無かった「舞妓紫陽花」(まいこあじさい)が、何と咲いてくれたではありませんか。

 「紫陽花」としてはかなり小さな物に入り、手のひらに乗るサイズですが、花はキッチリと「紫陽花」しています。

 「ハイドランジア」全盛の昨今ですが、こんな楚々とした「舞妓紫陽花」の魅力も見直されてもいいんじゃないでしょうか。

 手のひらサイズの「紫陽花」作りを目指してる、豆狸でした。

szk090521 026.01.jpg szk090521 029.01.jpg szk090521 027.01.jpg


■小紫陽花■【Hydrangea hirta】
アジサイ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 06:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジサイ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

一言もなく

szk090521 033.01.jpg szk090521 034.01.jpg szk090521 035.01.jpg szk090521 036.01.jpg

 5月6日のブログに書いた「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)のサナギ。毎日楽しみに見回っていたら、一言の挨拶もなしに、カラッポに。

 プランター一つまるまる坊主にされて、今季の「大立壷菫」(おおたちつぼすみれ)の花数が激減したのも我慢したのに、一言もなく飛び去ってしまうとは。

 何たる××××。憤って、ふと横を見ると別の終齢幼虫がサナギになろうとしてるのを発見。

 今朝、無事蛹化しているのを確認。今回も、頭部の抜け殻を発見。一度脱皮してからサナギになるのか、頭の部分だけ脱ぎ捨てるのか、これって、一体どっちなんでしょうねぇ?

 今度こそ、羽化したら声かけてナァ。

szk090521 038.01.jpg szk090522 001.01.jpg szk090522 002.01.jpg szk090522 004.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 09:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

姫蔓蕎麦復活

szk090518 001.01.jpg szk090518 002.01.jpg szk090518 004.01.jpg

 冬の間、ちっちゃくなって過ごしていた「姫蔓蕎麦」(ひめつるそば)が、暖かくなるに連れて、またもやワサワサと版図の拡大を始めています。

 今ぐらいが限界で、これ以上拡大を続けるようなら、刈り込まなくてはなりません。花がピンク色の時はいいのですけれど、チョッとでも白っぽくなると結実した印。

 ポロポロと種を落して、落ちた種は風に乗って思わぬところで発芽し始めます。これ以上広がらないよう、こまめに掃除をしなくては。

szk090518 003.01.jpg szk090518 005.01.jpg szk090518 015.01.jpg

■姫蔓蕎麦■【Polygonum capitatum】
タデ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:42| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

結実しました

szk090518 021.01.jpg szk090518 024.01.jpg szk090518 018.01.jpg

 5月1日のブログ球根性多年草「シラー・カンパニュラータ」が、結実しました。

 ツンと飛び出した雌しべ、ふくらんだ子房は正面から見ると丸ではなくて、小さな丸が三つくっついたみたい。紫色の花弁がクルクルカールして、ふくらんだ子房の緑と合わさって、面白い雰囲気を醸し出しています。

 本来なら結実させると草勢が落ちるので取ってしまうのですが、今季はキッチリとどうなるか追跡調査して見たいと思います。

szk090518 019.01.jpg szk090518 017.01.jpg szk090518 022.01.jpg

■シラー・カンパニュラータ■【Scilla campanulata】
ユリ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:19| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

石斛十番手

szk090516 001.01.jpg szk090516 002.01.jpg szk090516 003.01.jpg

 長生蘭「日輪」(ちょうせいらん「にちりん」)が咲き始めました。例年になく、葉っぱの斑もクッキリと綺麗に入ってます。

 去年のブログには、“母狸が入院してから咲いた長生蘭「日輪」、いぶかしげに周りを眺めて“お母ちゃんは?”って、訊ねてるみたい”と書いていました。

 この時期の花は、どうしても母狸のこととダブってしまって、辛い思い出になってしまっています。

szk090516 004.01.jpg szk090516 008.01.jpg szk090516 006.01.jpg

■長生蘭「日輪」■
ラン科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:53| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月18日

石斛九番手

szk090516 015.01.jpg szk090516 016.01.jpg szk090516 014.01.jpg

 「中国石斛緑花紅一点」(ちゅうごくせっこくみどりばなこういってん)が、咲いてくれました。去年より、心持花数が少なくなったように感じるのが残念。

 今季はいいタイミングで撮れたようで、緑色もグッと鮮やかで、赤色のワンポイントとのコントラストも最高です。

 後は、黄色の石斛が咲くのを待つばかり。が、花芽が確認できないのが、心配の種。

szk090516 013.01.jpg szk090516 017.01.jpg szk090516 011.01.jpg

■中国石斛緑花紅一点■
ラン科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

ありがとう…

szk090515 013.01.jpg szk090515 014.01.jpg szk090515 009.01.jpg

 ふと去年の「豆蔦蘭」(まめづたらん)を書いたブログを見てみると、“母狸の病名は『胃癌リンパ節転移』。転移先は膵臓付近と判明。来年母狸と一緒に、「豆蔦蘭」の花が見れますように”と書いていました。

 が、その望みは叶うことなく、今年は一人で見ています。母狸が亡くなってそろそろ1年を迎えようとしますが、いまだにそのショックから立ち直れずにいる豆狸です。

 そんな豆狸を応援してくれているかのように、「豆蔦蘭」が嘴を大きく開けて元気を送ってくれています。

 ありがとう、はよ元気になるわな。

szk090515 016.01.jpg szk090515 017.01.jpg szk090515 012.01.jpg szk090515 011.01.jpg

■豆蔦蘭■【Bulbophyllum drymoglossum】
ラン科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

最後の1輪

szk090515 001.01.jpg szk090515 002.01.jpg szk090515 003.01.jpg

 5月4日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)、最後の1輪が咲きました。吹きかけ絞りの一般的な花ではなくて、色変わりの赤い方が咲いています。

 今季落蕾数は何と、139個。ここまで書いてハタと気付いたのが、落ちた蕾ばかりじゃなくて、落花数も数えていたらよかったということ。そうすれば、全部咲いた時の花数がわかったのにと、悔やむこと仕切りです。

 何事に関しても、一つすれば、一つ抜けている豆狸。コレを教訓に来季は、落蕾数と落花数の両方をカウントしようと思います。

 なんで、最初から気ぃ付かんのかなぁ?

szk090515 005.01.jpg szk090515 004.01.jpg szk090515 006.01.jpg


■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

小紫陽花

szk090513 001.01.jpg szk090513 003.01.jpg szk090513 005.01.jpg 

 「紫陽花」(あじさい)のような苞がなくて、本当の花だけの「小紫陽花」(こあじさい)です。ですからなんか抜けたような感じがしますが、その分野趣溢れた趣もあります。

 小鉢で締めているので、なかなか咲いてくれませんでしたが、今季は可愛らしい花を拝ませてくれました。花のしべや花弁の中心近くが紫色で、小さいですけどキッチリと自己主張しています。

 まるで線香花火をひっくり返した咲き方と、全体のこじんまりとした雰囲気で、ホンと可愛らしいです。これも挿し木して殖やそっかな。

szk090513 002.01.jpg szk090513 007.01.jpg szk090513 013.01.jpg

■小紫陽花■【Hydrangea hirta】
アジサイ科

椿「宝珠砂子」落蕾数;0個(累計139個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらhttp://e-mameda.seesaa.net/からどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジサイ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月14日

尾長寒葵

szk090511 011.01.jpg szk090511 012.01.jpg szk090511 013.01.jpg

 「尾長寒葵」(おながかんあおい)が、ひそやかに咲いてくれました。上から見てる分には葉っぱに隠れて、なかなか見つけにくいです。

 この花、フレームいっぱいに撮るとちっちゃくなってしまうし、アップで撮ると全体の迫力がわからないという、なかなか豆狸泣かせの花です。

 花を上手く撮りたいと、日々取り続けているのですが、なかなかこれって思える一枚が取れないのが現実です。

 友人の、“写真が上手くなる秘訣は、撮り続けること”を金科玉条に、今日も撮り続けてる豆狸です。

szk090511 015.01.jpg szk090511 019.01.jpg szk090511 020.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■尾長寒葵■
ウマノスズクサ科

鼻水が 止まらないのに 驚いた

椿「宝珠砂子」落蕾数;0個(累計139個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:56| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

玉ねぎ頭

szk090511 001.01.jpg szk090511 005.01.jpg szk090511 002.01.jpg

 「双葉葵 青軸素芯花」(ふたばあおい あおじくそしんか)が、今年も目立つことなく楚々と咲いています。

 ちょうど、真ん中あたりで折り返された花弁を真横から見ていると、黒柳徹子の玉ねぎ頭みたい。

 もし雄しべがず〜〜と長くて、はみ出してたらクラゲだし、色々と想像力を刺激してくれる花です。けどやっぱり、玉ねぎ頭が秀逸かな?

szk090511 003.01.jpg szk090511 010.01.jpg szk090511 009.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■双葉葵 青軸素芯花■
ウマノスズクサ科

寒冷紗 してる所を 見たことなし

椿「宝珠砂子」落蕾数;0個(累計139個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:37| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

止まり木

szk090511 021.01.jpg szk090511 022.01.jpg szk090511 026.01.jpg

 去年の12月25日のブログにも書いた“サナギで冬越し?”の「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)。

 このままでは、羽化しても止まれる場所が無くて、重力を使って体液で翅を伸ばすこともできないので、あまってた菜箸と2mmのアルミ線を使って、簡単な止まり木を作ってみました。

 これで準備完了。これでいつ羽化しても大丈夫。朝起きたら菜箸の天辺に「褄黒豹紋」が留まってたりして。う〜ん、楽しみ。

szk090511 024.01.jpg szk090511 030.01.jpg szk090511 028.01.jpg szk090511 029.01.jpg


■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

寒冷紗 さっそく本日 より開始

椿「宝珠砂子」落蕾数;2個(累計139個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

今年は少ない

szk090510 001.01.jpg szk090510 009.01.jpg szk090510 006.01.jpg

 今年も「口紅紫蘭」(くちべにしらん)が、咲きました。が、例年よりも花数が少ないのが気にかかります。

 去年、世話をしていないだけに、咲いてくれるだけでよしとするべきなのですが、例何見慣れてるだけに、心配になります。

 今季は花後肥培して、来季は株分けしようかと思っています。上手く株分けできたら“花トモ”に、プレゼントしなくては。

szk090510 003.01.jpg szk090510 004.01.jpg szk090510 007.01.jpg

■口紅紫蘭■
ラン科

この日差し 寒冷紗の 出番かな

椿「宝珠砂子」落蕾数;2個(累計137個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:28| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

諦めてた花

szk090509 001.01.jpg szk090509 004.01.jpg szk090509 005.01.jpg

 1月4日のブログに書いた「大蜘蛛蘭」(おおくもらん)が、咲きました。

 何とか無事冬越しに成功して喜んでいたのですが、暖かくなってきたと油断していたら、春の日差しにやられて株が半減してしまいました。

 こんな状態ではと諦めていたのですが、何とか1輪だけ花を咲かせてくれました。あといくつか咲きそうなんですが、今のところ微妙なところです。

 これ以上株にダメージを与えないようにして、何とか無事夏越しを成功させ、株の充実につとめて行きたいと思っています。

szk090509 007.01.jpg szk090509 016.01.jpg szk090509 009.01.jpg

■大蜘蛛蘭■【Chiloschista segawai】
ラン科

この日差し 油断してると 葉焼けする

椿「宝珠砂子」落蕾数;2個(累計135個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 05:56| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 洋蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

ぼうず

szk090508 001.01.jpg szk090508 002.01.jpg szk090508 002.02.jpg

 4月26日のブログに書いた「藤」(ふじ)の結実。

 残念ながら、今回の雨で全部落ちてしまいました。ぼうず。ズンベラボン。あ〜残念。でも、随分と楽しませてくれて、ホンとありがとう。

 でも、やっぱり残念やなぁ。

szk090508 004.01.jpg szk090508 009.01.jpg szk090508 010.01.jpg

■藤(野田藤)■【Wisteria floribunda】
マメ科

残るのは 咳と○○の 二つだけ

椿「宝珠砂子」落蕾数;2個(累計133個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
ラベル: フジ
posted by 豆狸 at 04:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

岩絡

szk090505 024.01.jpg szk090505 023.01.jpg szk090505 018.01.jpg

 「岩絡」(いわがらみ)が只今満開です。花弁に見えるのは苞で、花はちっちゃな花火みたいなほうです。

 小さな鉢で無理をお願いしているのですが、毎年良く咲いてくれます。このちっちゃな花の蜜を蟻が好きなのか、けっこう花の周りをうろうろしてるか、じ〜としています。

 白に黒なので、はっきりと目立ちます。草樹に蟻がウロウロしてると、近くにアリマキでもいるのかと心配になりますが、でもそうでもないようなので、安心しています。

szk090505 028.01.jpg szk090505 019.01.jpg szk090505 025.01.jpg

■岩絡■【Schizophragma hydrangeoides】
ユキノシタ科

あと少し のはずが雨で ぶり返す

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計131個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
ラベル:岩絡 イワガラミ
posted by 豆狸 at 05:12| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ユキノシタ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

星咲寒葵「臥竜」

szk090505 001.01.jpg szk090505 006.01.jpg szk090505 002.01.jpg

 未だに「星咲寒葵」と「尾長寒葵」や「オナガ×オニ交配種」のどれなのか、同定の結論が出ていない本種ですが、今のところ便宜上 星咲寒葵「臥竜」(ほしざきかんあおい「がりゅう」)としておきます。

 去年は1輪だったのが今季は2輪に殖えてくれましたが、くっついて咲いてる分縮こまっているように見えるのは否めないところです。

 それにしてもこれだけ大きな花が、着実に殖えてくれることは嬉しいことで、来季は株分けして“花トモ”にプレゼントしようと思っています。

szk090505 009.01.jpg szk090505 005.01.jpg szk090505 011.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■星咲寒葵「臥竜」■
ウマノスズクサ科

あと少し やっと病の 先が見え

椿「宝珠砂子」落蕾数;6個(累計127個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:44| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

終齢幼虫

szk090429 016.01.jpg szk090504 001.01.jpg szk090504 002.01.jpg szk090504 003.01.jpg

 大きな「褄黒豹紋」(つまぐろひょうもん)の幼虫を発見。今年孵ったばかりでこの大きさは考えられないので、この状態で越冬したようです。

 この大きさは蛹になる一歩手前の、終齢幼虫。動きもにぶいので、そろそろと思って観察していたら、昨日お尻を上にして体を固定していました。

 ついに今日、無事蛹に変身していました。そばには脱ぎ捨てられた、ふるい頭部の抜け殻。……、そのまま蛹になると思っていたら、1回脱皮するんでしょうか? ちゃんと見とけばよかったと、悔やむばかり。

 後は羽化を待つばかりですが、何日で蝶になるんでしょう? 目立つところなので、鳥に見付かりませんように。

szk090505 016.01.jpg szk090505 015.01.jpg szk090505 013.01.jpg

■褄黒豹紋■【Argyreus hyperbius】
タテハチョウ科

痰絡む 喉の具合で 先見える

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計121個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:47| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

白斑大葉馬鈴草

szk090503 009.01.jpg szk090503 010.01.jpg szk090503 011.01.jpg szk090503 016.01.jpg
 「白斑大葉馬鈴草」(しろふおおばうまのすずくさ)が、咲きました。去年はクッキリと入っていた白斑が、今年は先祖がえりを起こしたのか、チョッとぼやけているのが残念。

 花の形は変わりませんが、花弁に入る紫色の模様が「馬鈴草」と「中国産馬鈴草」の中間ぐらいの入り方。

 葉っぱの形は三者三様、まるっきり違いますが、それぞれ面白みがあって、豆狸は大好きです。

szk090503 012.01.jpg szk090503 015.01.jpg szk090503 017.01.jpg szk090503 018.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■白斑大葉馬鈴草■
ウマノスズクサ科

節々の 悲鳴に負けて 動けない

椿「宝珠砂子」落蕾数;6個(累計117個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:46| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

「宝珠砂子」満開

szk090503 001.01.jpg szk090503 002.01.jpg szk090503 005.01.jpg

 3月28日のブログに書いた、地植え椿「宝珠砂子」(つばき「ほうじゅすなご」)が、只今満開です。

 今のところ嘘みたいですが、蕾のまま咲かずに落ちた落蕾数全部で111個。それでこれだけ咲くのですから、一体今季いくつ蕾をつけたのでしょう? 単純に見積もっても、300近いんじゃないのかな?

 長く枝につけていても樹に負担がかかるので、花弁が少しでも色が変われば、早めに花を摘むようにしています。

 それにしても今季は、例年に比べて吹きかけ絞りの入らない赤花の咲く率が高いのに、ビックリ。

szk090503 003.01.jpg szk090503 007.01.jpg szk090503 008.01.jpg

■椿「宝珠砂子」■【Camellia japonica“houju-sunago”】
ツバキ科

咳やみて 代わりに節々 悲鳴上げ

椿「宝珠砂子」落蕾数;6個(累計111個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:48| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

中国産馬鈴草

szk090501 005.01.jpg szk090501 006.01.jpg szk090501 007.01.jpg

 「中国産馬鈴草」(ちゅうごくさんうまのすずくさ)が、咲きました。

 和製の「馬鈴草」みたいに、花弁に紫色の模様が圧倒的に目立つんじゃなくて、中心部分にほんの少し。花弁の地色も黄緑ではなくて、黄色が強くて鮮やかです。

 可愛らしいタツノオトシゴみたいな花、去年は1輪だったのが、豆狸ンちの環境にも慣れてくれたのか、蕾があと二つ。

 何とか株を太らして、殖やして“花友”にプレゼントしたいと思っています。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk090501 014.01.jpg szk090501 010.01.jpg szk090501 015.01.jpg

■中国産馬鈴草■
ウマノスズクサ科

鼻づまり とまれば代わりに 咳やまず

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計105個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:41| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

今年は少ない?

szk090501 020.01.jpg szk090501 003.01.jpg szk090429 009.01.jpg

 ポツポツと「榧蘭」(かやらん)が、咲き始めました。心なしか全体的に株がこじんまりしてきたように思えるのが、気にかかります。

 何とか殖やしたいと思ってるので、植え方・置き場所のさらに詳細なデータを集めて、豆狸ンちにおける増殖のポイントをつかんで、少しずつでも確実に殖やして行きたいと思います。

 それにしても「榧蘭」って、写真が撮りにくいなぁ〜。

szk090501 001.01.jpg szk090501 003.02.jpg szk090501 016.01.jpg

■榧蘭■
ラン科

鼻水が とまれば代わりに 鼻づまり

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計101個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
ラベル:榧蘭 カヤラン
posted by 豆狸 at 05:00| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月01日

咲いてくれました

szk090429 001.01.jpg szk090429 002.01.jpg szk090429 008.01.jpg

 1月13日のブログに書いた、球根性多年草「シラー・カンパニュラータ」が、咲いてくれました。

 今季は、例年に無く花数が少ない。ちゃんと世話ができてないので、咲いてくれてるだけでありがたいのですが、来季に向けて何とかしなくては。

 株が殖えてる分、後は今季いかに株を充実させるかに、かかってると思います。

szk090429 004.01.jpg szk090429 005.01.jpg szk090429 006.01.jpg

■シラー・カンパニュラータ■【Scilla campanulata】
ユリ科

鼻水の 海に溺れる 豆狸かな

椿「宝珠砂子」落蕾数;4個(累計97個)

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。
posted by 豆狸 at 04:40| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。