2009年02月12日

この中に原因物質が

szk090211 008.01.jpg szk090211 009.01.jpg szk090211 013.01.jpg

 豆狸ンちの細幹のちっちゃな「杉」(すぎ)にも、マツボックリみたいな雄花の蕾がたくさんついています。

 杉の雄花といえば、いわずと知れた“スギ花粉症”の原因物質を放出する元凶。今年は去年の天候から、例年の2倍以上の飛散量と言われてますが、この蕾の量を見たら思わず納得。

 幸いなことに豆狸は今のところ“花粉症”の兆候は出ていませんが、誰でもがかかると言われています。発症するかしないかは、原因物質を溜めておけるコップの大きさだけの問題とか。

 コップの大小に関わらず、原因物質が溜まってるうちはいいのですが、溢れ始めると発症するとか。今のところ豆狸のコップは大きいみたいで、“花粉症”にはなっていません。

 それにしてもこの蕾、採ってしまうべきかどうか悩むところです。

szk090211 011.01.jpg szk090211 020.01.jpg szk090211 019.01.jpg

■杉■【Cryptomeria japonica】
ヒノキ科

●豆狸の別の顔『豆狸の我楽多ポン★』。興味のある方もない方も、こちらからどうぞ。


ラベル: スギ 花粉症
posted by 豆狸 at 05:24| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。