2008年07月19日

瓢箪木@結実

szk080717 009.01.jpg

 手入れ出来ずに気にかかっていた「瓢箪木」(ひょうたんぼく)に、一つだけ実がつきました。青い棚場での紅一点、さすがによく目立ちます。

 花が咲くときは、ちゃんと二つ並んで咲くのに、子房がふくらみ始めるとくっついて、最終的には癒着してはなれなくなります。

 不思議なことに、必ず二つ同じ大きさにはならずに、どちらか一方が大きくて、それに引っ張られるように、もう片方はちっちゃくなります。

 この大きい小さいに、何らかの法則性があるのかと毎年観察を続けているのですが、いまだにコレっていった物を見つけられずにいます。

szk080717 021.01.jpg szk080717 022.01.jpg

■瓢箪木■
スイカズラ科/樹高26cm/左右20cm/実径1cm/実長さ1.1cm/鉢;落款判読不明鋲打太鼓胴丸鉢


posted by 豆狸 at 05:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。