2008年05月17日

大輪素芯×丸実

szk080511 017.01.jpg szk080511 018.01.jpg szk080511 019.01.jpg

 大輪葵 素芯花と花弁に縞模様の入る 丸実寒葵「旭」(まるみかんあおい「あさひ」)を掛け合わせた種間交雑種が、咲き始めました。

 紫褐色の縞模様が、しっかりクッキリと萼裂片や萼筒に出ています。面白いのは軸にも出ていて、潤み軸ではなくて縞模様になっています。

 萼裂片や萼筒の細部には、大輪葵 素芯花・丸実寒葵「旭」それぞれの特徴が現れているのですが、唯一萼筒部のお尻部分の形がどちらにも似ていません。

 種間交雑種なので、今回の特徴が固定安定してるのか? 当代限りなのか? 結実するのか? 実生苗にも今回の特徴がでるのか? 引き続き観察していきたいと思っています。

szk080511 020.01.jpg szk080511 021.01.jpg szk080511 022.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■大輪葵 素芯花×丸実寒葵「旭」■
ウマノスズクサ科/草丈3cm/左右12.5cm/花径2.5cm/奥行き2.5cm/葉(縦7cm×横5cm)/古葉×1+新葉×1+花×1/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 05:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。