2008年05月03日

流星@開花

szk080502 012.01.jpg szk080502 013.01.jpg szk080502 014.01.jpg

 福岡大輪葵「流星」(ふくおかたいりんあおい「りゅうせい」)が、咲きました。

 譲っていただいた方からは、萼裂片と萼筒の色が違う“ツートンタイプ”とお聞きしていたのですが、今回はそれほどクッキリと出なくて残念無念。

 花は、一般的な「大輪葵」に比べて、萼筒が短くて何となくバランスが悪い感じです。コレが「福岡大輪葵」の全般的な特徴かどうかわかりませんので、引き続き調べていきたいと思います。

szk080502 015.01.jpg szk080502 016.01.jpg szk080502 017.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■福岡大輪葵「流星」■
ウマノスズクサ科/草丈7cm/左右17cm/花径3cm/奥行き2cm/葉(縦8cm×横5cm)/古葉2枚+新葉3枚+花×1/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 06:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芳香石斛@中国産

szk080425 039.01.jpg szk080425 040.01.jpg szk080425 041.01.jpg

 「湖南芳香石斛」(こなんほうこうせっこく)が、咲きました。

 買った種苗会社のカタログ説明によると、“クリーム色の花を咲かせる湖南省産の強健種。バニラのような甘い香りをあたり一面に漂わせます”とありました。

 で、咲いてみると写真にあった一般的な花姿の“黄花”ではなくて、白地に淡くピンクのぼかしが入った花色で、花姿はチョッと乱れた兜咲き。

 カタログにあった写真とは、似ても似つかない容姿ですが、はるかにこちらのほうは魅力的。この違いを単なる個体差と判断するべきなのか、ぜんぜん別物とするのか悩むところです。

 今回花は可愛らしいのが2輪咲いただけですが、その香りは充分堪能できます。豆狸としては、バニラというよりも「梔子」(くちなし)を思い出しました。

szk080425 042.01.jpg szk080425 044.01.jpg szk080425 046.01.jpg

■湖南芳香石斛■網筒植え
ラン科/草丈20cm/左右14cm/花径1.7cm/奥行き1.5cm/葉(縦4cm×横1.5cm)/鉢;お手製の「グイチ丸鉢」
posted by 豆狸 at 06:08| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。