2008年04月27日

白菫@咲きだしました

szk080419 010.01.jpg szk080419 012.01.jpg szk080419 003.01.jpg

 吊り鉢のあちこちの鉢から、「白菫」(しろすみれ)、別名「シロバナスミレ」が、白色の花をのぞかせ始めました。

 この「白菫」、面白いことに一部の棚場の高い位置を除いては、ほとんどが吊り鉢に集中しています。「姫菫」は棚場、「立坪菫」はプランターと、きちんとテリトリーが決まってるようです。

 この菫はこの鉢に植えて≠ニいった具合に、豆狸の意思を押し付けると、結構気難しいのですが、放っておくと知らず知らずのうちに殖えています。

 殖えて欲しいところに鉢を置いておくだけで、あとは何もしないほうがいいようです。

szk080419 004.01.jpg szk080419 005.01.jpg szk080419 011.01.jpg

■白菫■
スミレ科/草丈8.5cm/左右11.5cm/花径1.3cm/奥行き1.5cm/葉(縦6cm×横2.5cm)/鉢;お手製「珠鉢」


posted by 豆狸 at 06:09| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初島寒葵 @開花

szk080426 003.01.jpg szk080426 004.01.jpg szk080426 005.01.jpg

 キャハハハ≠ニ大きな口をあけて、元気よく笑ってる「初島寒葵」(はつしまかんあおい)です。

 鹿児島県奄美諸島に属する徳之島の固有種で、地際で咲く「寒葵」の中では珍しく、花柄が長いので、株全体にスラッとした雰囲気があります。

 自生地では乱獲が進み、ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種“絶滅危惧IA類(CR)”というほどではないですが、それに準じる、近い将来における絶滅の危険性が高い種“絶滅危惧IB類(EN)”に指定されています。

 毎年三弁花だったのが、今年はビックリの四弁花が咲きました。コレも変種が多い所以の一つでしょうか?

 原因は? 植え替えしてないから? …そんなわけ、ないかぁ。

szk080426 007.01.jpg szk080426 008.01.jpg szk080426 009.01.jpg

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

■初島寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈9.5cm/左右14cm/花径2cm/奥行き1.5cm/葉(縦5cm×横3.5cm)/古葉1枚+新葉3枚+花×2/鉢;お手製の「三つ脚鉢」
posted by 豆狸 at 05:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。