2008年04月10日

香妃@挿し木

szk080404 001.01.jpg szk080404 002.01.jpg szk080404 003.01.jpg

 3月30日のブログで書いた、椿「香妃」(つばき「こうひ」)の、挿し木11年生です。親木ほどではないですが、いい格好になってきました。

 ただ幹にボツボツと噛み痕のなおったようなのが2列、規則正しく続いています。何となく樹肌の色も親木のような元気な色ではなくて、赤みがかったきたないピンク色。

 ひょっとしたら、ムシでも入ったのかと心配しています。

szk080404 004.01.jpg szk080404 006.01.jpg szk080404 008.01.jpg

■椿「香妃」■
ツバキ科/樹高27cm/左右26cm/花径3.5cm/奥行き3.3cm/葉(縦5cm×横2.2cm)/最大幹径0.8cm/鉢;お手製の「正方鉢」


posted by 豆狸 at 06:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初雪寒葵@開花

szk080404 027.01.jpg szk080404 018.01.jpg szk080404 016.01.jpg

 水やりをしていて、あんまり葉っぱが綺麗ので、手にとって見てみたら、葉っぱの下で隠れるように花が咲いてるではありませんか。

 鹿児島県徳之島産の寒葵、「初雪寒葵」(はつゆきかんあおい)です。去年より萼裂片の白さが冴えてて、なるほどこの白さを見たら、“初雪”って銘名したのも納得。

 鉢が小さくて、まるで葉っぱでふたをしてるような状態なので、上から見ただけでは、まったくわかりません。雨宿りって言うよりも、何となく人目をしのんでる感じ。

 1994(平成6)年、学名が発表されたさい、「タニムラアオイ」という名前になったのですが、豆狸的には呼びなれた「初雪寒葵」の方がシックリとくるので、そのままにしています。

★安易な山採りよりも、計画的な繁殖を★

szk080404 015.01.jpg szk080404 009.01.jpg szk080404 010.01.jpg

■初雪寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈5.5cm/左右8cm/葉(縦7.7cm×横4cm)/花径1.5cm/奥行き1.7cm/古葉×1+新葉×2+花×1/鉢;信楽山野草鉢
ラベル:初雪寒葵 寒葵
posted by 豆狸 at 06:24| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。