2008年04月07日

津川絞@咲きました

szk080330 012.01.jpg szk080330 013.01.jpg szk080330 016.01.jpg

 椿「津川絞」(つがわしぼり)が、咲き始めました。花が大きい割りに幹が細く、ゆるく一曲付けたのが災いしたのか、バランスが悪くてチョッとふらつきます。

 “淡桃地に紅の縦絞りの千重、ときには列弁咲き、肉厚で細長い中輪。新潟県津川町広沢(現;阿賀町)の民家の栽培種。1968(昭和43)年に銘名・発表されました

 持ち込んで10年、ようやく樹肌のキメも細かくなったのに、ポツポツとチャノマルカイガラムシの白い痕が目に付きます。簡単に駆除できる物の、この白丸が困り物。

 ピンセットについてるヘラでこすってもとれないので、一度幹洗いや他の除去方法、プラス予防方法を検討してみようと思います。

szk080330 014.01.jpg szk080330 018.01.jpg szk080402 007.01.jpg

参考文献;『日本ツバキ・サザンカ名鑑』誠文堂新光社

■椿「津川絞」■
ツバキ科/樹高31cm/左右21cm/花径6.5cm/奥行き3.5cm/葉(縦5.5cm×横2.8cm)/最大幹径0.8cm/鉢;けんじ組枠六角鉢


posted by 豆狸 at 06:34| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さくらんぼ@ぼちぼち

szk080406 013.01.jpg szk080406 014.01.jpg szk080406 016.01.jpg

 2鉢ある「実桜」(みざくら)、9個+10個の合計19個が結実しています。ふくらみ方にバラつきはありますが、ぼちぼちとふくらんでいます。

 大きいのはいいのですが、あまり変化の乏しいのがチョッと気になります。このままあんまり変わらないようなら、たぶん黄色っぽくなって落果してしまう可能性“大”。

 ★何とか、うまくいきますように★

szk080406 008.01.jpg szk080406 012.01.jpg szk080406 011.01.jpg

■さくらんぼ■
バラ科/実径0.7cm/長さ1cm/鉢;小石原焼+春山梨皮丸鉢
ラベル:さくらんぼ 実桜
posted by 豆狸 at 06:07| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | バラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。