2008年04月05日

常磐万作@開花

szk080328 001.01.jpg szk080328 002.01.jpg szk080328 005.01.jpg

 豆狸ンちにやってきて18年、「常磐万作」(ときわまんさく)が優雅な樹姿を見せてくれています。

 棚場に置いてるときは、さほど気にもなりませんが、出してみるとあらためてその大きさにビックリ。

 赤味を帯びた樹肌も、立ち上がり付近では薄皮が剥がれるように荒れ始め、上の方はきめが細かくつんできています。

 枝を抜いたところも肉が巻き、瘤に成ってしまいましたが、それほど違和感なく見れるくらいになって来ました。

 この樹は整枝もせず、剪定もあまりした記憶もなくて、ほとんど手のかからない樹です。このサイズで樹が熟したのか、徒長枝も出ず落ちついた状態が続いています。

 花が終わったら次は新芽の赤、コレも花に負けず劣らず魅力的です。

szk080328 007.01.jpg szk080328 006.01.jpg szk080328 008.01.jpg

■常磐万作■
マンサク科/樹高50cm/左右34cm/花径4cm/奥行き2.5cm/最大幹径1.2cm/鉢;遊児


ラベル:常磐万作
posted by 豆狸 at 06:37| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンサク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デックウェルデン@開花

szk080326 010.01.jpg szk080326 011.01.jpg szk080326 015.01.jpg

 去年に続いて、今年も八重咲水仙「デックウェル」が、咲き始めました。鉢で育てる限界なんでしょうか、花数が減ってきたうえに株も一回りちっちゃくなったようです。

 蕾は球の数と同じくらい上がってきてるのですが、なかなか全部開きそうにありません。水不足って言うよりも、詰めて植え込みすぎて体力が落ちてるみたいです。

 今からは、来季に備えて肥培して体力をつけさして、植えつけるときは鉢を大きくするか、鉢数を増やすしかないようです。

szk080326 013.01.jpg szk080326 012.01.jpg szk080326 014.01.jpg szk080326 016.01.jpg

■八重咲水仙「デックウェルデン」■
ヒガンバナ科/草丈34cm/左右10cm/花径10cm/奥行き5.5cm/鉢;7号信楽山野草鉢
posted by 豆狸 at 05:54| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。