2008年04月01日

つたの細道白百合

szk080323 031.01.jpg szk080323 027.01.jpg szk080323 029.01.jpg

 豆狸ンちにやってきた時のポリポットを、駄温鉢に入れ替えただけで、植え替えが出来ずにいる椿「つたの細道白百合」(つばき「つたのほそみちしらゆり」)が咲き始めました。

 “白色の一重。長筒咲き、細い筒しべの小輪です。園芸種の自然実生。1984(昭和59)に銘名発表されました

 足元に軽く一曲あるものの、後は伸びやかにすらっと伸びています。これ以上幹が太くなると曲げるのも困難になるので、何とか今年植え替えて将来的な樹形を決めなくては。

 とはいえ、花が大きく・葉っぱが面白い百合葉ということも考慮すると、結構高さがないと面白みが出ないかもしれません。

 と思いは巡りますが、とりあえずは根っこを見てからです。

szk080323 028.01.jpg szk080323 030.01.jpg szk080323 033.01.jpg

参考文献;『日本ツバキ・サザンカ名鑑』誠文堂新光社

■椿「つたの細道白百合」■
ツバキ科/樹高57cm/左右29cm/花径3.5cm/奥行き7.5cm/葉(縦7cm×横2.5cm)/最大幹径1.1cm/鉢;駄温鉢


posted by 豆狸 at 07:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンパネル@開花

szk080323 019.01.jpg szk080323 021.01.jpg szk080323 023.01.jpg

 前回登場した「テターテート」と一緒に植えた、水仙「ピンパネル」が咲き始めました。背の高い「ピンパネル」、その足元を小柄な「テターテート」がさりげなくカバーしています。

 この取り合わせ、偶然数の少なかった物どうしを寄せ植えしただけなのに、結構バランスのいい組み合わせになっています。

 ビックリの瓢箪から駒。いい一鉢が出来ました。

szk080323 024.01.jpg szk080323 025.01.jpg szk080323 022.01.jpg

■水仙「ピンパネル」■
ヒガンバナ科/草丈30cm/左右12cm/花径8cm/奥行き6cm/鉢;7号荒泥吹鉢
posted by 豆狸 at 06:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。