2008年03月31日

さくらんぼ

szk080328 009.01.jpg szk080328 013.01.jpg szk080328 014.01.jpg

 「さくらんぼ」漢字で書くと「桜ん坊」。最初に桜の実に親しみをこめて、幼い男の子につける“坊”をつけて呼んだ人は、優しい人だったんでしょうね。

 似たような使われ方をしてるのに、「つくしんぼ」(土筆ん坊)・「しゃしゃんぼ」(小小坊)・「あめんぼ」・「とんぼ」・「うりぼう」(瓜坊)も、そうじゃないのかな?

 “坊”に関する妄想はこの辺にしておいて、いよいよ「実桜」が花弁を落として、子房がふくらみ始めました。次に雄しべがネックレスみたいにつながった状態で、ポトッと落ちます。

 ここまでは、いつものこと。うまく受粉していると、さらにふくらんでいくのですが、出来てないと軸から黄色くなって、最後に全体が黄色になって落ちてしまいます。

 成るか成らないかの今が最大の分かれ道、今年は何とか黄色くなりませんように。

szk080328 010.01.jpg szk080328 012.01.jpg szk080328 011.01.jpg

■実桜■
バラ科/樹高35cm/左右18cm/最大幹径1.2cm/立ち上がり最大径5cm/実径0.3cm/鉢;小石原焼


ラベル:さくらんぼ 実桜
posted by 豆狸 at 07:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

廿日大根@本日収穫

szk080330 044.01.jpg szk080330 045.01.jpg

 そろそろ小さい玉が、大きくなるのも限界のようで、大きいのが割れてもイヤなので、掘り上げることにしました。

 ありあわせの浅い鉢、ましてや野菜作り初心者の豆狸という悪条件で、うまくいくかどうか心配してたのですが、何とか収穫までこぎつけることが出来ました。

 鉢を傾けて土を出してみると、鉢にガーゼを敷いて土を入れたみたいに、白い細かな根っこが土をしっかりと抱え込んでいます。

 土をくずして、一つ一つ「廿日大根」を取り出します。きれいに根っこの土を落として、痛んだ葉っぱを取り除いた、大小さまざまの「廿日大根」、総数32個。

 まずは生で試食。葉っぱはチョッとひねたのか、かためですがアクもなく、充分生食できます。

 本体もチョッとかためですが、その分歯ごたえが楽しめ、みずみずしくてあとから大根の辛味がきますが、ホンと・おいしい・おいしい・おいしい。

 「廿日大根」改め「百七日大根」、今回で無事収穫完了。さぁ、次は何を作りましょ?

szk080330 047.01.jpg szk080330 048.01.jpg

■廿日大根(ラディッシュ)■
アブラナ科/草丈6cm/左右7cm/鉢;お手製の「正方鉢」/最終収穫数32個
posted by 豆狸 at 06:48| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 廿日大根 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。