2008年03月13日

白花姫福寿草@開花

szk080311 049.01.jpg szk080311 051.01.jpg szk080311 048.01.jpg

 福寿草十三番手として「白花姫福寿草」(しろばなひめふくじゅそう)が、咲きだしました。

 今年手に入れたのですが、詳しいことはわかりません。「姫福寿草」といえば、すぐに思い浮かぶのが、頭に“中国”とか“済州島”が付いたもの。写真を見ても、どうも違います。

 調べていくとどうやら、千葉産で「姫福寿草」があるらしいのです。ひょっとしたらそれから選別抽出された品種とも推察するのですが、現時点では闇の中。

 追い追い「白花姫福寿草」の追跡調査を、続けていくつもりです。

szk080307 009.01.jpg szk080311 052.01.jpg szk080311 054.01.jpg

■白花姫福寿草■
キンポウゲ科/2芽/草丈7cm/左右9cm/花径4.5cm/奥行き1cm/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 14:29| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浮雲@植替

szk080307 014.01.jpg    szk080308 034.01.jpg szk080308 035.01.jpg

 幹と同じくらいの太さの浮き根が印象的な、持ち込み15年オオモミジ系の「浮雲」(うきぐも)です。別名、「浮雲錦」・「行雲」とも呼ばれています。

 埼玉県から、市中に出回り始めた品種。春は薄緑の葉に桃・白の斑が入り、夏はそれらが薄緑になり、秋は橙から黄色の黄葉、冬は寒樹と一年中千変万化。

 浮き根は本来切ってしまうのですが、豆狸が始めて植えつけたとき、幹からは細根がほとんど無くて、大半が浮き根から出ている状態でした。

 一か八かの賭けで、浮き根を切り詰めて幹からの発根を期待することが、怖くて出来なかったので、しょうがなくチョッとでも見栄えがいいようにと寄せて植えたのでした。

 当初は目に付いてしょうがなかった浮き根も、今では肥大して面白い景色を見せ始め、「浮雲」には無くてはならない存在になっています。ホンとコレって、怪我の功名。

 まだまだ枝数は少ないですが、枝や幹にも古色が現れ始め、これから先どんな面白い姿を見せてくれるかと、楽しみな一樹です。

szk080309 026.01.jpg szk080309 022.01.jpg szk080309 024.01.jpg szk080309 033.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■もみじ「浮雲」■
カエデ科/樹高29cm/左右16cm/最大幹径1.2cm/鉢;お手製の「グイチ丸鉢」
posted by 豆狸 at 05:57| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。