2008年03月12日

福禄寿@咲きました

szk080311 058.01.jpg szk080311 062.01.jpg szk080311 059.01.jpg

 今までに咲いてる福寿草たちが、それぞれ二番芽が咲き始めたり、早い物は結実してふくらみ始めたのもある中、福寿草十二番手として福寿草「福禄寿」(ふくろくじゅ)が、咲きだしました。

 「福寿海」から選別抽出された品種で、「福寿海」より一回り花が大きく、花弁の数や重ねも多く、量感たっぷりの二〜三重咲きです。

 「福禄寿」がうまく結実して、実生で増やしつつ、今の株をもっと大株にして芽数を増やす二段構えで、大鉢いっぱいに花を咲かせたいと思ってる豆狸です。

szk080311 057.01.jpg szk080311 060.01.jpg szk080311 065.01.jpg

■福寿草「福禄寿」■
キンポウゲ科/2芽/草丈11cm/左右14cm/花径4cm/奥行き1cm/鉢;プラ鉢


posted by 豆狸 at 19:48| 大阪 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅鏡@植替

szk080307 013.01.jpg                  szk080308 030.01.jpg szk080308 031.01.jpg
   
 豆狸が持ち込んで15年。ようやく樹が熟してきたようで、枝先に行くほど節間も短く、接ぎ口も目立たなくなってきた、オオモミジ系の「紅鏡」(べにかがみ)です。

 別名「フカギレオオモミジ」とも呼ばれ、春は濃い赤茶色。夏は茶緑色と赤味がひきますが、秋には再び濃い赤から鮮やかな赤に色づきます。

 去年延びた新梢は、赤色。一昨年は、赤と緑の混ざった色。その前は緑色と枝の色が変わり、幹から根元にかけては古色を帯びています。

 本来は地植えにするべき樹種を、何とか小鉢で持ち込んでいます。毎年こまめに植え替えることで、強かった樹勢もようやく落ちついて、太根が走ることもなくなりました。

 鉢から抜いて根洗いをしてみると、細根が充実して綺麗にはっているのがわかります。いつもの括り方だと、せっかくの細根が傷んでしまいます。

 ステンレスパイプを細根に通して道を作って、その穴にアルミ線を通して結束することに。鉢を代えたので、それに合わせて植え付け角度を、前回よりさらに倒して固定します。

 出来上がった樹を見て、グッと樹格が上がったと目を細めてる豆狸でした。

szk080308 033.01.jpgszk080309 030.01.jpgszk080309 032.01.jpg szk080309 034.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■もみじ「紅鏡」■
カエデ科/樹高35cm/左右26cm/最大幹径1.4cm/鉢;お手製の「グイチ丸鉢」
posted by 豆狸 at 07:03| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。