2008年03月09日

蝋梅@採播

szk080308 013.01.jpg szk080308 014.01.jpg szk080308 015.01.jpg 

 玄関を掃除していたら、ちりとりにカランカランと乾いた音。よく見ると“柿の種”ではなくて、「蝋梅」(ろうばい)の種が1粒。

 今までに2回挑戦して、2回とも失敗した「蝋梅」の採り播き。

 3度目の正直は、どうかなぁ≠ニ思いながらも、ついついメネデールに30分ほどつけて、発芽したときに似合いそうな小鉢を見繕って、播いてしまうのでした。
 
 今回は、ワザワザ種のほうから豆狸ンちに来てくれたんだから、きっと発芽してくれるんじゃないでしょうか。

 どんな種でも見つけると、ついつい播いてしまう豆狸でした。

 szk080308 019.01.jpg  szk080308 017.01.jpg  szk080308 020.01.jpg  szk080308 022.01.jpg

■蝋梅■
ロウバイ科/長さ2cm/幅0.7cm/1粒/鉢;豊千


ラベル:蝋梅
posted by 豆狸 at 17:56| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鬱金@植替

szk080229 008.01.jpg szk080302 004.01.jpg szk080302 008.01.jpg szk080302 007.01.jpg

 冬至芽の萌葱色が綺麗なイロハモミジ系の「鬱金」(うこん)です。早春から秋まで緑色で、秋は濃い黄色になります。

 樹勢が高まりすぎると、ヤマモミジの性質が出てきますが、樹性も強く作りやすい樹です。別名「青柳」(あおやぎ)とも呼ばれています。

 踏ん張ってる太根を植え替えるごとに、少しずつ持ち上げています。前回の植え替えのときに使ったコイルのゲタは、根っこがしっかりと抱え込んでいます。

 今回もおんなじように、太根を上げるためにコイルのゲタをかませて植えつけます。コケも太根が目立つように、極力薄く貼り付けて出来上がり。

 小鉢で持ち込んで15年、接ぎ口もだいぶ目立たなくなって、優しい樹になりました。

szk080302 043.01.jpg szk080302 044.01.jpg szk080302 046.01.jpg szk080302 041.01.jpg

参考文献;『カエデの本』日本槭刊行会

■もみじ「鬱金」■
カエデ科/樹高25.5cm/左右10cm/最大幹径1.5cm/鉢;美功辰砂丸鉢
posted by 豆狸 at 07:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。