2008年02月29日

黒姫寒葵

szk080227 006.01.jpg szk080227 010.01.jpg szk080227 011.01.jpg

 楽しそうな笑い声が聞こえてきそうな、新潟県糸魚川市黒姫山周辺に自生する「黒姫寒葵」(くろひめかんあおい)です。別名「クビキカンアオイ」とも呼ばれています。

 「クビキカンアオイ」の“クビキ”は、新潟県糸魚川市の頸城駒ヶ岳周辺にも自生しているところから来てるようです。

 「越の寒葵」に似てるともいわれますが、蕾の形も違いますし、萼筒の口が小さいので花の感じも違うので、見分けるのは難しくないと思います。

szk080227 009.01.jpg szk080227 013.01.jpg szk080227 016.01.jpg

■黒姫寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈12cm/左右28cm/葉(縦9.5cm×横6.5cm)/花径3cm/奥行き2.5cm/古葉×8+花×9/鉢;プラ鉢


ラベル:黒姫寒葵 寒葵
posted by 豆狸 at 14:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒皮猿梨@植替

szk080223 005.01.jpg               szk080223 023.01.jpg

 落葉蔓性低木の「荒皮猿梨」(あらかわさるなし)です。名前にある“荒皮”は、荒皮性(あらかわしょう)のことで、同じ樹種と比較して、特に樹皮が荒れる物のことを言います。

 小鉢で持ち込んで9年、自然の流れが面白いので、あえて整枝などせずに流れに任せています。

 立ち上がりの一曲と浮き根のところが面白くて、目立つように植えつけたつもりなんですが、結果的にわかりにくくなってしまって、悔いの残る一鉢になってしまいました。

 ところでこの「猿梨」、見る資料によって科名がサルナシ科とマタタビ科がまちまちに書いてあります。コレって、どちらが正しいのでしょうか?

 サルナシ科からマタタビ科に変更になったのか、またその逆なのか、このあたりの説明が見当たらないので困っています。

szk080225 013.01.jpg szk080225 014.01.jpg szk080225 015.01.jpg szk080225 011.01.jpg


■荒皮猿梨■
サルナシ科(マタタビ科)/樹高28cm/左右10cm/最大幹径1cm/鉢;町直
ラベル:荒皮猿梨 猿梨
posted by 豆狸 at 08:36| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。