2008年02月18日

花園@開花

szk080128 010.01.jpg szk080214 006.01.jpg szk080214 007.01.jpg

 福寿草の四番手として、八重咲き福寿草「花園」(はなぞの)が咲きました。今現在、「花園」についてわかってることをまとめてみると、

 “2006(平成18)年に、原種の実生より表れた八重咲き種より作出。黄花弁の中心が緑色になる、従来の「三段咲」と似た傾向を持つものの、「三段咲」とは違う完全八重咲き品種。

 名前の「花園」は、作出された埼玉県大里郡花園町(現:深谷市)にちなんで付けられ、似た種類としては「むさし野」・「緑雲」・「緑川」・「魚々子咲」・「万作」があります。


 と言う具合ですが、豆狸としては似た種類の5種は、写真すら拝んだことがありません。

 去年は1芽だったのが、今年は無事1年を越してくれた上に、2芽に殖えてくれたことが、一番嬉しいです。

szk080214 009.01.jpg szk080214 010.01.jpg szk080214 008.01.jpg

■八重咲き福寿草「花園」■
キンポウゲ科/2芽/草丈3cm/左右3.5cm/花径3.5cm/奥行き1cm/鉢;中国古渡写し


posted by 豆狸 at 14:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老爺柿@雄木

szk080216 003.01.jpg                                szk080216 007.01.jpg

 中国浙江省・江蘇省原産、雌雄異株の落葉小高木「老爺柿」(ろうやがき)です。第二次世界大戦中、京都府立植物園初代園長 菊地秋雄氏が持ち帰ったとされています。

 ちなみに、「老爺柿」・「老鴉柿」・「姫柿」と表記される「ロウヤガキ」ですが、豆狸としては「老爺柿」を採用しています。

 “雄木”というと、「梅擬」・「真弓」でもたいてい花だけ求められて、樹姿は二の次三の次で見られないものが多いです。

 そういうことで言うとこの豆狸ンちの“雄木”は、もともとの性質が良かったのか、何もしなくても形が整っています。

 鉢の口の大きさと、幹の太さのバランスが悪いので、植え替えることに。鉢から出してみると、柿独特の真っ黒な根が充実していて、健康そのもの。

 今回の鉢は、口は狭い分深さのあるのに植えつけます。せっかく横に広がった根ですが、下側にまるめこむように畳み込んで、無事鉢に収まりました。

 立ち上がりの棒状態は根を上げることで多少改善し、小枝も出来、幹肌も綺麗に荒れ始め、実は付かないもののいい樹になってきました。

 それにしても「老爺柿」、雄木と雌木の開花のタイミングが、あわんなぁ。

szk080216 008.01.jpg szk080217 017.01.jpg szk080217 019.01.jpg szk080217 015.01.jpg

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ロウヤガキ”の項参照

■老爺柿■〔雄木〕
カキノキ科/樹高43cm/左右22cm/最大幹径1.3cm/鉢;宜興 鼎山製陶額押六角鉢
ラベル:雄木 老爺柿
posted by 豆狸 at 09:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。