2008年02月14日

鳥ヶ峰寒葵

szk080205 020.01.jpg szk080205 022.01.jpg szk080205 024.01.jpg

 鹿児島県奄美大島にある標高467mの鳥ヶ峰の名前を冠した、「鳥ヶ峰寒葵」(とりがみねかんあおい)です。

 第一印象は、チっちゃい=B小さくても極小な柔毛がビッシリの萼片、徳利型の萼筒と、チャンと寒葵しています。

 鉢に上げて、目の前に持ってきてもこの小ささです。花の色とも相まって、自生地では見つけにくいんじゃないのでしょうか? …、案外葉っぱから、簡単に見つかるかも。

szk080205 019.01.jpg szk080205 023.01.jpg szk080205 026.01.jpg szk080205 028.01.jpg

■鳥ヶ峰寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈4cm/左右11cm/葉(縦5.5cm×横4cm)/花径;1.1cm/奥行き1.3cm/古葉×1+新葉×1+花×1/鉢;プラ鉢


ラベル:鳥ヶ峰寒葵 寒葵
posted by 豆狸 at 14:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群雲寒葵@山採り

szk080209 017.01.jpg szk080209 016.01.jpg szk080209 018.01.jpg szk080211 032.01.jpg

 鹿児島県種子島産の慈姑葉寒葵(くわいばかんあおい)は、花筒や花柄が無毛なことから、植物学者の故・前川文夫博士が「群雲寒葵」(むらくもかんあおい)と命名して区別されました。

 今回入手したのは、その「群雲寒葵」の山採り株。新聞の広告の紙に包まれて送られてきたのは、根引きされたまんまの土込みの状態です。

 まず古土を完全に落として、豆狸ンちの土に入れ替えて植えつけます。根引きのショック。引かれてから豆狸ンちに来るまでの長旅のショック。環境変化によるストレスの三重苦で、葉っぱがお辞儀しています。

 チョッと大きめですが、光沢があって綺麗な葉模様の葉っぱがこの状態ではもったいないので、輪っかをして支えることにしました。

 コレで落ちついて新葉も出てきて葉数も増えたら、来年もう一回り大きな鉢に植え替えてやろうと思います。

 何とか、頑張って。

szk080211 034.01.jpg szk080211 039.01.jpg szk080211 033.01.jpg

■群雲寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈17cm/左右29cm/葉(縦14cm×横9.3cm)/花径;2.4cm/奥行き2cm/古葉×5+花×3/鉢;お手製「三つ脚鉢」
ラベル:寒葵 群雲寒葵
posted by 豆狸 at 09:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。