2008年02月08日

泣かされます

szk080201 018.01.jpg szk080201 021.01.jpg szk080201 020.01.jpg

 細辛「大歌の華」(さいしん「おおうたのはな」)です。

 せっかく咲いてくれたのに、チョッと油断してる間に、花がかじられて雄しべ・雌しべが丸見えの慚無い姿にされるは、葉っぱは穴あけられるはと、この一鉢だけが集中砲火。

 害虫・病気の少ない「寒葵」・「細辛」も、ホンとナメクジだけには泣かされます。

 あぁ〜あ、腹が立つぅっ!!!

szk080201 025.01.jpg  szk080201 023.01.jpg szk080201 016.01.jpg

■細辛「大歌の華」■
ウマノスズクサ科/草丈4cm/左右14cm/葉(縦4.7cm×横4cm)/花1.2cm/奥行き0.8cm/古葉×4+花×3/鉢;お手製「三ッ脚鉢」


posted by 豆狸 at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八房もみじ

szk080202 015.01.jpg szk080202 017.01.jpg szk080203 005.01.jpg szk080203 004.01.jpg 

 赤い冬至芽が綺麗な、「八房もみじ」(やつふさもみじ)です。名前にある“八房”って言うのは、枝の一部や実生苗などに、矮化の性質が現れる物のことです。

 植え替えようと思ってジックリと樹を見てみると、どうも幹肌がおかしいので、こすってみると案の定「チャノマルカイガラムシ」。

 全身をこすり終えると、あかすりでもしたように樹がすっきりとしています。でもその下には、剥がれた「チャノマルカイガラムシ」が散乱しています。こんな小さな樹に、コんだけ、付かんでも≠ニ思うくらいです。

 「チャノマルカイガラムシ」の影響を心配して、根をさばいてみると、細根が充実して前回はかしたコイルのゲタを巻き込んでいて、樹勢も良さそうなので、ホッと一安心。

 立ち上がりに一曲あって懐枝がありますが、枝数が少ないので切らずにおきます。樹高の3分の2ほどまで青味がなくなり、八房性のおかげで節間も短く、面白い樹が作れそうです。

szk080204 027.01.jpg szk080204 023.01.jpg szk080204 026.01.jpg szk080204 022.01.jpg

参考文献;『図解 郡境介のミニ盆栽コツのコツ』農文協

■八房もみじ■
カエデ科/樹高12.5cm/左右3.5cm/最大幹径0.9cm/鉢;美芸
posted by 豆狸 at 10:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。