2008年01月30日

藤野寒葵

szk080122 037.01.jpg szk080122 038.01.jpg szk080122 039.01.jpg

 「藤野寒葵」(ふじのかんあおい)の花です。

 どうも一般的な藤野寒葵の花とは違うようで、極端な話し「初雪寒葵」との交雑種と言われても、思わず納得してしまいそうな外観をしています。

 そう考えてみると、「藤野寒葵」は、鹿児島県の奄美大島、「初雪寒葵」(はつゆきかんあおい)は同じく徳之島、海で隔てられてるとはいっても隣同士、一概にありえない話とばかりはいえないようです。

 筒先の爆ぜた大筒のような外観の、大きさと迫力はピカ一。一輪だけでも充分に、存在感のある花です。

 黄色みを帯びた花弁には、ビッシリと短くて細かい毛が生えています。萼筒中心部の臙脂色とのコントラストが秀逸です。

szk080122 040.01.jpg szk080122 041.01.jpg szk080122 036.01.jpg szk080122 043.01.jpg

■藤野寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈8.5cm/左右16cm/葉(縦9cm×横5.5cm)/古葉×1+新葉×1/鉢;山野草鉢風プラ鉢


ラベル:寒葵 藤野寒葵
posted by 豆狸 at 15:04| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多摩の寒葵@山採り

szk080127 003.01.jpg                                 szk080127 009.01.jpg 

 昨年12月に、山梨県身延地方で山採りされた「寒葵」です。

 説明文に“山梨県身延地方産”とあったものを、添付資料にあった花の写真から「多摩の寒葵」(たまのかんあおい)と、豆狸が同定しました。

 さっそく身体検査を兼ねた植え替えです。ポリポットから出して根洗いをしてみると、引き抜かれたせいなのか、太根が何ヶ所か切れていて細根が少ないのが気になります。

 軸は泥軸。何かにかじられてほぼ半分になってしまってる葉っぱは、葉裏が赤く表は寒さにあたって微妙に紅葉していて、よく見ると細かい散り斑になっています。

 新葉が展張したら、かなりきれいになるのが想像できます。今年一年は養生に専念してもらって、来年体調が良かったら花でも見せてもらえればと思います。

szk080130 001.01.jpg szk080130 002.01.jpg szk080127 012.01.jpg szk080127 013.01.jpg

■多摩の寒葵■
ウマノスズクサ科/草丈6cm/左右8cm/葉(縦6cm×横5.5cm)/古葉×1/鉢;信楽山野草鉢
ラベル:多摩の寒葵
posted by 豆狸 at 09:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。