2008年01月25日

椿「バターミント」

szk080122 022.01.jpg szk080122 023.01.jpg szk080122 025.01.jpg

 置き場の都合で、咲いてるのに見つけるのが遅れてしまった椿「バターミント」(つばき「バターミント」)です。

 キッシー(C.kissii)×トガリバサザンカ(ネパールから中国東南部にかけて自生)の交雑種で、アメリカで作出されました。花色は、極淡黄色(クリーム色)〜白。千重咲きの極小輪です。洋種椿としては珍しくしっとりと落ち着いていて、おおらかなかんじが好きです。

 名前に「バターミント」ってあるように、ほのかにバターの香りがするように思います。豆狸ンちには、平成15年10月にお目見え以来、ほぼ2年ごと花を咲かせてくれています。

 豆狸ンちの椿の天敵は“チャノマルカイガラムシ”。体を粗皮の下に潜らせて、完璧なカモフラージュで寄生しています。

 アクテリック乳剤を散布して、防虫には努めているのですけど、鉢を手にとってじっくり見るとポツポツといるのがわかります。

 最近はだいたいの寄生パターンがわかってきたので、年2回全部の椿を1鉢1鉢ピンセットでコソゲ落とすのが恒例になっています。

szk080122 024.01.jpg szk080122 029.01.jpg szk080122 026.01.jpg

〜旧稿『○○○×2のイチ押し★54 椿「バターミント」』より加筆修正〜


参考文献;『植木の病害虫防除』家の光協会

■椿「バターミント」■
ツバキ科/樹高33cm/左右29cm/花径5.5cm/奥行き3cm/鉢;お手製「四八鉢」


posted by 豆狸 at 09:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土佐水木@植替

szk080120 008.01.jpg

 「土佐水木」(とさみずき)の挿木16年生苗です。親木は枯れてしまったのですが、挿し木の子供たちが3鉢残っています。

 「土佐水木」は葉っぱが大きいので、樹を熟させて葉っぱを小さくしようと、鉢を締めていたのですが、そのせいで花が犠牲になって、なかなか咲いてくれません。

 小鉢で持ち込んできたおかげで、葉っぱもそれなりに小さくなったのと、何よりも幹肌が白く詰んだ感じになってきたので、今回の植替を期に少し鉢を緩めることにしました。

 鉢から出して根洗いしてみると、いい座ができてるので少しでも見えるようにと、ゲタをはかせて見えるようにしたものの、コケを貼るとわかりづらくなってしまって残念。

 同じように残り2鉢も植え替えて、「土佐水木」の植え替え完了です。

szk080120 014.01.jpg szk080120 016.01.jpg szk080122 005.01.jpg szk080122 003.01.jpg

■土佐水木■
マンサク科/樹高18cm/左右10.5cm/鉢;左楽
ラベル:土佐水木
posted by 豆狸 at 07:19| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | マンサク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。