2008年01月17日

関東寒葵@四弁花

szk080116 014.01.jpg szk080116 015.01.jpg szk080114 012.01.jpg

 埼玉県産の山採りの「関東寒葵」(かんとうかんあおい)です。関東地方から近畿地方にかけて広く分布していて、普通寒葵といえば、この「関東寒葵」を指します。

 一般的に寒葵の花弁は3枚なんですが、この花は珍しく4枚あります。三弁花を見慣れてる豆狸としては変わっていて興味津々なんですが、しばらく見てると四弁花の方が普通に見えてくるのが不思議です。

 花弁が四弁になってる以外は、花弁は細かい毛が密生していて、微妙なグラデーションを構成しているごく普通の「関東寒葵」の花です。

 この四弁花というのは今季だけの特別なのか、この株の形質として毎年あらわれるのかわかりませんが、このまま継続して観察していきたいと思います。

szk080114 010.01.jpg szk080116 018.01.jpg szk080114 011.01.jpg

■関東寒葵■(四弁花)
ウマノスズクサ科/草丈10.5cm/左右19cm/葉(縦9cm×横7cm)/花径2.3cm/奥行き1.5cm/古葉×2+花×1/鉢;山野草鉢風プラ鉢


ラベル:関東寒葵 寒葵
posted by 豆狸 at 15:12| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ花水木@実生苗

szk080111 017.01.jpg

 鳥が豆狸ンちに運んできてくれたのを集めて、平成14年2月24日と16年1月2日に採り播きした、「アメリカ花水木」(アメリカはなみずき)の実生苗2鉢です。

 2鉢のなかで1株だけが、地際から4cmほどカミキリムシにかじられて、バックリとあいた傷痕が痛々しいものの、肉はまいていて概ね2鉢とも安定して成長しています。

 一鉢にうまくまとめられそうなので、植え替えることにしました。

 2株とも鉢から出して、ざっと土を落として根さばき・根洗い・根の整理をしてみると、2株とも苗同士の根がうまく絡み合って、一体化しています。

 組み合わせてみると一発で決まり、最初から一緒に植えていたみたいです。仮止めしてから、もう一度根をカットして整えると、今まで入ってた一鉢にスッポリとおさまりました。

 今回はあえて剪定はせず、アルミ線をかけての整枝もしないで、鉢を締めることだけで、持ち込んでいこうと思います。

szk080112 025.01.jpg szk080112 028.01.jpg szk080117 003.01.jpg szk080113 017.01.jpg

■アメリカ花水木■(4株)
ミズキ科/樹高47cm/左右29cm/鉢;型丸鉢
posted by 豆狸 at 09:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。