2008年01月14日

アメリカ花水木@手術

szk080111 018.01.jpg szk080111.01.jpg szk080112 008.01.jpg szk080112 009.01.jpg

 去年根元がぐらついて、応急処置として鉢ごと結束して事なきを得ていた物の、何となく樹肌の色もおかしくて気になっていた「アメリカ花水木」(アメリカはなみずき)。

 今季は花芽も付いていないので、検査もかねて植え替えてみることにしました。固定してるアルミ線をはずして、鉢から出して根をさばいてみると、根っこは元気で大丈夫。

 樹肌の色が気になっていた幹をよく観察してみると、シャリ部分が浮いたような感じになってるので、ヘラで強くこすってみると、ボロボロと間単に剥離。

 どうやら腐りが進行していそうなので、思い切って腐ってる部分を切除することにしました。切除する道具は、ペンシル型のミニ電動グラインダ。ちょうど歯医者さんが使ってるのに似ています。

 大まかなところは、エンドミルで取り除いたあと、仕上げは先端工具を色々と取り替えて、青味が見えるまで削っていきます。

 慎重に削っていって1時間、ようやく終わってみると、なんと幹の太さが半分になってしまいました。傷口に“盆栽ボンド”を塗布して、乾いたあと“カットパスター”で覆って手術は終了。

 大事な二つの根を、折れないようにアルミ線で補強して植えつけます。コレで今年1年養生してもらって、来年花でも見せてくれればと思います。

szk080112 011.01.jpg szk080112 007.01.jpg szk080112 012.01.jpg szk080113 019.01.jpg

■アメリカ花水木■
ミズキ科/樹高31cm/左右15cm/鉢;落款判読不明磁器丸鉢


posted by 豆狸 at 14:26| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。