2007年12月03日

真弓@紅葉

szk070405 014.01.jpg szk070405 015.01.jpg szk071201 009.01.jpg

 草物盆栽の棚を見ていたら、ひときわ紅葉の見事さで目を引く一鉢があります。手にとって見たら、なんと探していた「真弓」(まゆみ)。

 去年の12月17日に採り播きして、今年の4月5日に発芽は確認した物の、しばらくすると何処に紛れ込んだのか、ぜんぜん見つけられず行方知れずになっていたのでした。

 それが秋になって、自ら所在を明らかにしてくれたおかげで、見つけられてホッと一安心。採り播きから1年、無事冬を迎えられたのは2株だけ。

 幹は2mmもない細さのマッチ棒程度ですが、軸の青と葉っぱの紅葉で、小さくてもチャンと「真弓」しています。

szk071201 011.01.jpg szk071201 012.01.jpg szk071201 010.01.jpg

■真弓■
ニシキギ科/樹高11cm/左右8cm/鉢;3号型丸鉢


ラベル:真弓 紅葉 実生
posted by 豆狸 at 15:59| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニシキギ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高砂細辛

szk071201 050.01.jpg szk071201 052.01.jpg szk071201 058.01.jpg

 いつも寒葵でお世話になってるサイト『寒葵情報交換室』さんより、“(前略)ゲオフィラム(オドリコサイシン)として掲載されている物は台湾産のタカサゴサイシンと思われます。ゲオフィラムの葉はもっと大きいですし花もタカサゴより少し長いです”とのメールをいただきました。

 寒葵が好きって言うだけの豆狸のブログにまで、目を配っていただいて感謝感激。さっそく『寒葵情報交換室』さんからご指摘いただいた通り、名札を「高砂細辛」(たかさごさいしん)に変更することにしました。

 ついでにプラ鉢嫌いの豆狸としては、コレを機会に植え替えることにしました。

 プラ鉢から出すと、ガサッと根鉢が崩れて簡単に取り出した株を一振り。根にこびりついた土がパラパラと落ちた程度でサッと植え付け。

 植え替えられた「高砂細辛」も、気がつかないほどのスピード?“植え替えは、早さが命”が座右の銘の豆狸としても、納得の植え替えができました。

szk071201 057.01.jpg szk071201 060.01.jpg szk071201 059.01.jpg

■高砂細辛■
ウマノスズクサ科/草丈4.5cm/左右18cm/鉢;今宋胡録
posted by 豆狸 at 10:16| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。