2007年10月01日

根の確認

szk070929 001.01.jpg szk070929 002.01.jpg szk070930 001.01.jpg szk070930 003.01.jpg

 以前ブログに書いた「繻子蘭」(しゅすらん)の件のとき、山野草店のご主人さんの話の中で、

 「花が咲かへんかったり、下葉がクチャクチャになってきたら、根が痛んでるから掘り上げて、痛んでる根を芯の黒いのんがなくなるまで切って、根全部切っても水ゴケで巻いといたら、根が無かっても上だけで生きてるから

 とのお話を伺いました。ということで、さっそく根の確認もかねて、錦蘭「青海」(にしきらん「せいかい」)、一緒に「翁丸」(おきなまる)・「深山鶉」(みやまうずら)基本種の合計3鉢を植え替えてみることにしました。

 用土は「深山鶉」・「籠目蘭」(かごめらん)・「繻子蘭」用の豆狸オリジナルブレンドを使います。ちなみに、今回の豆狸オリジナルブレンドは、粒度を揃えた日向土:焼赤玉土:鹿沼土:炭を、3:1:1:1の割合であわせてあります。

 一回り大きな鉢を用意して、鉢底網をセットしてパミス・段ボールチップを入れて、準備完了。

 根をさばいてみると、別に問題なし。ということで花が咲かなかったのは、根の問題ではなくて気温のせいとわかって、ホット一安心。花茎をカットして浅目に植えつけて作業完了です。

szk070930 021.01.jpg szk070930 025.01.jpg szk070930 020.01.jpg

■錦蘭「青海」■
ラン科/草丈5.5cm/左右7cm/鉢;信楽2号山野草鉢


ラベル:深山鶉 錦蘭
posted by 豆狸 at 08:28| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。