2007年07月16日

黒蘭

szk070715 001.01.jpg szk070715 008.01.jpg

 「黒蘭」(こくらん)が咲きました。

 バルブは卵形や球形にならずに円柱状になっていて、茎と勘違いしそうなくらい。これが古くて葉がないものを含めて数本、株もとに集まっています。葉を落とした古いバルブはそのまま枯れずに、3〜4年間は残っています。

 株をパッと見た感じは、以前紹介した同属の「クモキリソウ」とよく似ていて、花の感じもそっくり、豆狸としては単純に花の色が、萌葱色と海老茶の違いくらいにしか見えません。

 和名の由来は、花の色から来てるようです。

szk070715 004.01.jpg szk070715 006.01.jpg szk070715 009.01.jpg szk070715 005.01.jpg

参考文献;『野生ランを楽しむ』朝日新聞社
       『野生ラン』家の光協会

■黒蘭■
ラン科/草丈13.5cm/左右12cm/花茎長12cm/花上下1.1cm/花左右1.2cm/鉢;お手製の「三つ脚」


ラベル:黒蘭
posted by 豆狸 at 16:17| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野生蘭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。