2007年06月22日

屁糞蔓

szk070621 009.01.jpg szk070621 010.01.jpg szk070621 013.01.jpg

 小品盆栽を始めたばかりの頃、読んだ本の影響もあって実生にハマっていて、何でもかんでも実を見つけては播き・見つけては播きしていたのでした。

 その頃に「野茨」と思って採ってきて播いたのが、今回の「屁糞蔓」(へくそかずら)。採ってきた時もナンか臭い、実をつぶして種を取り出したときの臭いは爆発的で、表現する言葉も見当たらないほど。

 採り播きして翌年発芽、本葉を見てようやくそれが「屁糞蔓」とわかってビックリ。それでも、豆狸んちにやってきたのも何かの縁と持ち込み続けたのでした。

 以来16年、小鉢で持ち込んでいるので花は咲きませんが、毎年蔓を伸ばして少しずつですが幹も木化してきて、臭いも多少薄らいだように思うのは、気のせいでしょうか?

 ちなみに○写真は、近所で咲いている「屁糞蔓」の花で、その見た目から別名「やいとばな」とも呼ばれています。

 それにしても自分の名前に、“屁”と“糞”のくさい物を二つも冠してるのも凄いけど、つける方もつける方と呆れてしまいます。

szk070621 011.01.jpg szk070621 012.01.jpg szk070621 014.jpg

■屁糞蔓■
アカネ科/草丈9cm/左右11cm/鉢;六角型鉢



ラベル:屁糞蔓
posted by 豆狸 at 14:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。