2007年06月01日

葵の舞

szk070531 012.01.jpg szk070531 011.01.jpg szk070531 010.01.jpg

 岩沢瀉「葵の舞」(いわおもだか「あおいのまい」)です。“岩沢瀉”というのは、葉っぱの形が水生植物の「おもだか」に似ていて、岩に着生していることが多いところから、この名前があります。

 北海道から九州までの日本を中心に自生する、ヒトツバ属のシダです。「ひとつば」が主に里山中心に自生してるのに対して、「おもだか」は山地の岩や樹上に着生しています。

 「葵の舞」は“岩沢瀉”の変化葉の一つで、今回置き場種が悪かったのか、葉がチョッと痛んでしまいました。

 ダメージがあったり環境が変わったりすると、“先祖がえり”をおこして普通の“岩沢瀉”の葉になってしまいますので、注意しなければと思っています。

 もうチョッと株大きしたいし、根が回ってるみたいやし、鉢もおうてないから、今度植え替えよぉっと。

szk070531 006.01.jpg szk070531 007.01.jpg

参考文献;『シダを楽しむ』栃の葉書房

■岩沢瀉「葵の舞」■
シダ類ウラボシ科/草丈15cm/左右14cm/鉢;白磁絵付け六角鉢


ラベル:岩沢瀉
posted by 豆狸 at 14:50| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | シダ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。