2007年05月10日

うるみ軸

szk070419 019.01.jpg szk070425 009.01.jpg

 「大輪葵 うるみ軸」が、圧倒的な迫力で咲きました。名前にある“うるみ軸”を今回もいつもお世話になっている『寒葵情報交換室』に、お尋ねしたところ、

 “うるみ軸とは青軸と並軸(泥軸)の中間的な軸を言います。ですから綺麗な青軸でも無くかといって泥軸の様に濃い茶色では無い物です。うるみの場合は花も色花が多いです”と、懇切丁寧なお答えをいただきました。

 この「大輪葵」、蕾が顔を出したとき新葉も一緒に出てきたのですが、普通なら蕾が膨らむにつれて新葉も展張するのですが、そうはならずに新葉がラップよろしく、蕾を包んでしまって蕾が膨らむに膨らまなくなって、にっちもさっちもいかなくなってしまいました。

 たまたまラップ新葉の軸がナメクジに舐め切られたおかげで、葉を切除することができて、事なきを得ましたが、それがなかったら葉っぱを選ぶか、花を選ぶかの究極の選択を迫られたかもしれません。

szk070425 010.01.jpg szk070425 011.01.jpg szk070425 012.01.jpg

■大輪葵 うるみ軸■
ウマノスズクサ科/草丈14cm/左右15cm/花径4cm/奥行き4.5cm/古葉2枚+新葉1枚/鉢;お手製「三つ脚鉢」


posted by 豆狸 at 14:35| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒葵「国光」

szk070419 012.01.jpg szk070505 009.01.jpg

 寒葵「国光」(こっこう)が、咲きました。

 ズングリ・ムックリの花は最高。見れば見るほど面白い。でもこの感じは、寒葵っていうよりも大輪葵。蕾も“帽子をかぶった、ダルマ型”をしてるし、本来は“大輪葵「国光」”ってことになるんでしょうか?

 どうも寒葵って、採種した人やコレクターによって、呼び名や表記が違うようで、早く統一した『寒葵銘品一覧』みたいなのが出てくれると、助かるんですけどねぇ。

 今回の同じ株から咲いた二つの花も、微妙に個体差があって、一鉢ずつに分けられて名札がなかったら、なかなかおんなじって、よぉ断定せぇへんやろなぁ。

szk070505 024.01.jpg szk070505 010.01.jpg

■寒葵「国光」■
ウマノスズクサ科/草丈13.5cm/左右19cm/花径3cm/奥行き3.5cm/古葉3枚+新葉3枚/鉢;丹山
ラベル:寒葵 国光
posted by 豆狸 at 10:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。