2007年04月24日

アメリカ花水木

szk070404 002.01.jpg szk070404 004.01.jpg

 白の「アメリカ花水木」が、咲きました。右を見ても左を見ても、庭木といえば「アメリカ花水木」みたいな、一時の熱狂は冷めたようですが、まだまだ人気の高い樹種です。

 8年前、樹高の低さが魅力で入手しました。豆狸んちでよく見ると、見事な接木が施されていて、その技術の高さには、感心させられます。

 それがわかってからは、接木の生きた参考資料、豆狸の越えなければいけないハードルとして、棚場にたたずんでいます。現在、“根上がり”に改作中。

szk070423 013.01.jpg szk070423 011.01.jpg szk070423 012.01.jpg

■アメリカ花水木(白花)■
ミズキ科/樹高33cm/左右17cm/花径6cm/鉢;落款判読不明磁気丸鉢


posted by 豆狸 at 14:54| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ごまぎ

szk070316 011.01.jpg szk070411 006.01.jpg

 4年前に入手したときは「ごまのき」という名前だけで、詳しいことはわからなかったのですが、今回偶然「ごまぎ」というのが種苗メーカーのカタログに載っていたので、確認のため購入してみました。

 カタログのキャプションでは“湿地性の場所に自生する。春に美しい白花を咲かせ、秋には赤実を楽しめる。枝や葉をこするとゴマの香りに似た匂いを発する”と、あります。

 両方の葉っぱ・芽の付き方・木肌を、見比べてみたら同じ。葉を触ってみると両方ともキャプション通りの、ゴマ?の香りがして名前の由来を納得。「ごまのき」と「ごまぎ」は、同じものと判断したのでした。

 今回は2本を寄せて双幹風に植えつけた古い方が、花を咲かせました。秋に何とか赤い実が、拝めますように。

szk070423 003.01.jpg szk070423 002.01.jpg

参考文献;『日本の樹木』山と渓谷社

■胡麻木■
スイカズラ科/樹高56cm/左右28cm/花序径8cm/鉢;山秋木瓜鉢
posted by 豆狸 at 11:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。