2007年03月14日

何なんでしょう?

szk070314 003.01.jpg szk070312 016.01.jpg

 棚場をまわっていて見つけた「中国姫細辛」(ちゅうごくひめさいしん)の鉢の不思議な物、この枯れ蓮みたいのは何なんでしょう? すぐさま寒葵のことでわからないことがあるとたずねてみるサイト、『寒葵情報交換室』 に、駆け込んだのでした。

 回答は、“写真は種子が出来ている物です。後どれくらい掛かるか解りませんが自然に崩れて種子が出てます。そしたら取り蒔して下さい”とのこと。

 その上添付していただいた資料によると、“5〜7月頃に完熟して、花筒が崩れて種がこぼれる”そうで、このときに採り播きするようです。

 “それでも発芽するのは、翌年の2月以降となる”そうで、“この間常に湿った状態にしておくが、排水性が悪いと種子が腐ってしまう”とのことです。

szk070312 017.01.jpg szk070312 018.01.jpg

 う〜ん、かなり手ごわそうですが、今から採り播きする日が待ち遠しいです。

■中国姫細辛■
ウマノスズクサ科/草丈16cm/左右24cm/花筒径1.3cm/奥行き1cm/古葉3枚・新葉2枚/鉢;信楽山野草鉢


posted by 豆狸 at 10:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。