2007年03月12日

謎?謎?謎?

szk070312 004.01.jpg szk070312 001.01.jpg 

 草物盆栽の棚から、一鉢一鉢取り出しては、鉢を拭き・枯れ葉を取り・全体の雰囲気ににそぐわない草を引いたりして、掃除をしていました。

 「姫とくさ」(私としては中国名の「木賊」よりは、和名の「砥草」の方が好きです)の鉢を取ったとき、記憶では近くの鉢から、「立浪草」・「黄金しだ」が飛び込んでいて、自然の寄せ植えになっていたのを思い出しました。

 それが手にとってよく見てみると、ヒョロッと一本微妙に色の違うのが入ってるではありませんか。

 新顔さんかとよく見てみると、「えっ! 何? うっそぉっ★」、ビックリするのもそのはず、飛び込んでいたのは「松葉蘭」。

 1科1種で、根も葉もない最も古い形のシダと、言われてるアレです。

 豆狸んちには、「松葉蘭」はありませんし、近所でも見たことはありません。どこからやって来たのか、謎?謎?謎?です。

szk070311 002.01.jpg szk070312 006.01.jpg

 ホンと、草樹の世話をしてると、色々と不思議なことがありますねぇ。

参考文献;『シダを楽しむ』栃の葉書房


■姫とくさ■
シダ類トクサ科/草丈9cm/左右18cm/鉢;みさき

■松葉蘭■
シダ類マツバラン科/草丈8cm/左右3cm/鉢;みさき



posted by 豆狸 at 08:49| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シダ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。