2007年02月28日

いわでんた

szk070227 018.01.jpg

 「いわでんた」が姿を見せ始めました。「ゼンマイ」や「コゴミ」みたいに、クルクルっと巻いた新芽が可愛らしく、このくらいが一番好きです。ひらききってもコンパクトなので、蔓性植物の“裾隠し”に使っています。

szk070227 016.01.jpg szk070227 017.01.jpg

 「いわでんた」を漢字で書くと、「岩連朶」と書くそうで“岩に連なって、垂れ下がる”という意味合いからついたようです。ちなみに「連朶」は、シダの古名です。

参考文献;『シダを楽しむ』栃の葉書房

■いわでんた■
シダ類イワデンタ科/現在草丈1.5cm/左右3cm/鉢;中国宜興竹鉢


ラベル:いわでんた
posted by 豆狸 at 10:48| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | シダ類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

テータテート

szk070227 005.01.jpg
 
 水仙の二番手として、「テータテート」が咲き始めました。ズングリムックリの割には大きな花。これで香があれば、申し分ないのに。

szk070227 007.01.jpg szk070227 004.01.jpg

 次に咲くのが多分「デックウェル」、その次は「マンリー」か「ピンパネル」。後はドングリの背比べで横一線ってトコでしょうか。

 一番に咲き始めた「ゴールデンレイン」は、ただ今満開。回り一面に、いい香を振りまいています。日々黄色に包まれてく、豆狸んちでした。

■水仙「テータテート」■
ヒガンバナ科/草丈10cm/左右9cm/花径4.5cm/奥行き2cm
posted by 豆狸 at 10:43| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月26日

青城寒葵

szk070226 005.01.jpg

 中国産の寒葵、「青城寒葵」です。“葉1枚に、花一つ”って言われてますが、今年は手入れがわっるかったのか、花が一つだけです。

 寒葵は、葉っぱの模様が面白いのと、地際に咲く和の花とは思えない花にハマっています。

szk070226 006.01.jpg szk070226 007.01.jpg

 一度でもいいから、結実してタネを採り播きしたいと思いながらも、花はナメクジの大好物。夜回りを強化しなくては。

■青城寒葵
ウマノスズクサ科/草丈11cm/左右22cm/花径4cm/奥行き2cm/鉢;丹山
ラベル:青城寒葵 寒葵
posted by 豆狸 at 09:22| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寒葵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月25日

もみじ「乙女」

szk070225 002.01.jpg 去年、渇良園から送られてきたまんまの、もみじ「乙女」を植え替えました。ポットの状態は、樹高32cm・左右31cm。

 まず最初に、目立つ接ぎ口の処理。枯れ枝を取り除き、目立つ傷口やヤケには、切り戻して癒合剤を塗布します。

szk070225 006.01.jpg ポットから出して根をさばいてみると、土の中にいい曲を発見。根は心配していたような、太根があぐらをかいていなくて一安心。

 樹に合うように鉢を選んで、曲を生かして、太目の上根は幹のそわせて植えつけます。これで、ポット苗のときに気になっていた、幹の直線部分も多少緩和されました。

 植えつけた後、流れにそわない枝を抜きます。残った枝は、芽の方向を考えながら、葉を鑑賞したいので、ゆるめの剪定。

 szk070225 007.01.jpg今回は、あえてアルミ線を使った整枝はしないことにして、本日の植え替えは終了です。

■もみじ「乙女」
カエデ科/樹高31cm/左右15cm/鉢:お手製の「タタラ作正方鉢」

ラベル:乙女 もみじ
posted by 豆狸 at 15:16| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | もみじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

一品追加

szk070224 008.01.jpg

 豆狸は本日信楽です。ただ今製作中の『ムロ出し豆狸』、早くできるようになったので、もう一品小物を追加することにしました。

 “ムロ出し風景”ということで、盆栽つながりで、もう一品も太幹の松柏盆栽にしました。

 絵では描きなれているので、形としては心配していなかったのですが、いざ作ってみると…。

 松柏類の葉の表現が、思ってたほどの効果が出なくて、“箱にとまった、ハリネズミ”みたいな、微妙な物が出来上がってしまいました。

szk070224 012.01.jpg szk070224 013.01.jpg

 でも、松柏類云々を別にするとなんとなく面白くて、作りこんでいけば、意外と大化けするかも? 焼き上がりが楽しみです。
ラベル:豆狸
posted by 豆狸 at 18:34| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

アメリカマンサク

szk070222 004.01.jpg

 アメリカマンサク「パープルシードリング」は、“洋物樹種を、盆栽に”ということで挑戦している1本です。

 棚場をまわっていて、「あれ? もう咲いてる」とビックリ。今年の暖冬のせいで早く咲き始めたのと、置き場所が目線より下で、花色がパープルというよりも、臙脂色のため沈んでしまって見つけにくいのが相まって、今年も発見が遅れてしまいました。

 サカタのタネから、豆狸んちへやって来て早4年。当初は幹も細くて、接ぎ口も剥がれそうで危なっかしかったのですが、そろそろ落ちついてきたので、今年は接ぎ口を綺麗に処理しようと思います。

szk070223 001.01.jpg szk070222 008.01.jpg

■アメリカマンサク「パープルシードリング」
マンサク科/樹高26cm/左右10cm/鉢;お手製の「練りこみ撫角正方鉢」
posted by 豆狸 at 10:46| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | マンサク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

実生大好き★

●去年の1月15日に、タネをまいた「モミジ」です。鉢は豊千(ほうせん)の7cm丸鉢です。

szk070222 005.01.jpg

 豆狸はタネをまいて草樹を育てていく、実生(みしょう)が大好きです。そのタネは、棚場でできた物、散歩で見つけた物、買ってきた果物から、友人が取ってきてくれた物とさまざまですが、一番は鳥たちが運んできてくれます。

●1月15日に、タネをまいた「玉龍(たまりゅう)」です。「コガネシダ」が飛び込んで、趣を添えています。全体のワサワサ感が大好きです。鉢は竜岳(りゅうがく)の7.5cm丸鉢です。

szk070222 006.01.jpg

●平成16年1月2日に、まいた「檜(ひのき)」です。実生好きの私のために、わざわざ丹波篠山から友人が拾ってきてくれました。

szk070222 007.01.jpg

 今年も、冬に採りためたタネをまく季節がやってきました。実生って、楽しいですよぉ!!
ラベル:実生
posted by 豆狸 at 10:09| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

作りも作ったり

szk070221 004.01.jpg 

 チョッと遅くなりましたが、2006(平成18)年の陶芸総括をしてみようと思います。

 作陶の中心は『豆狸歳時記〜平成六節句〜』の“細工物(さいくもん)”で、最後の『七草豆狸』で家族にトラブルがあってつまずいた物の、何とかシリーズ完結にこぎつけました。

szk070221 001.01.jpg

 ちなみに、『平成六節句』は、人日(じんじつ)=七草・上巳(じょうし)=桃の節句・端午・七夕・重陽に、紅葉を加えたものです。

 6月からは本格的に小鉢作りも復活し、年明けすぐにあった『現代小鉢作家展』に出品。

 同じく6月からは、頼まれてた大皿の製作にも挑戦し、その際色々なノウハウを得て、年末の大鉢作りに役立ったのでした。

szk060722 027.01.jpg

■[2006年作陶日数]114日(前年より、45日増加)
■[製作点数]172点(細工物:95点,食器:15点,盆器:62点。前年より、64点増加)
■[年間土使用量]113.35kg(前年より、30.95kg増加) 
■[1点あたりの土使用量]659g(前年より、104g減少。これは意外!)
ラベル:盆器 食器 豆狸
posted by 豆狸 at 13:07| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

福寿草「福寿海」

 福寿草「福寿海(ふくじゅかい)」が咲き始めました。

szk070219 003.02.jpg szk070216 006.02.jpg

 福寿草といえば、これっといえるほど代表的な福寿草で、現在一番栽培されていて、年の瀬になると松竹梅の寄せ植え用によく店頭に並んでいます。

 年々少しずつでも増えているのですが、それに伴って芽が小さくなっているように思えるのが、気になります。

 まれに結実するそうで、その実生から大輪種が出るそうなので、豆狸も楽しみに世話をしています。

 今年は思い切って、株分けをしてそれぞれ大鉢植えにしてみようと思っています。

szk070216 004.01.jpg szk070219 001.01.jpg

 次に咲きそうな福寿草は、「三段咲」かなぁ? 「寿」は、今年も咲くのが一番遅くなりそうです。


参考文献;渇良園 月刊「園芸世界」'06年10月号

 
ラベル:福寿海 福寿草
posted by 豆狸 at 09:59| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

椿「菊花茶」

szk070219 004.01.jpg

 椿「菊花茶(きっかちゃ)」の蕾が、ほころび始めました。

 この中国椿は、名前のとおり花は菊に似ていて、樹肌はお茶の特徴の薄皮がヘロヘロっと剥がれます。

 豆狸んちの草樹は、99.99%鉢植えです。「菊花茶」もそうで、樹高35cmの樹に蕾がいっぱい付いています。

szk070219 006.01.jpg szk070219 008.01.jpg

szk070219 003.01.jpg szk070219 005.01.jpg

 花は径3cmほどで、山茶花の「白寒椿」にも似ていると思います。多花性で強健、花は小さくても一斉に咲くと見事な物で、大輪の椿にも負けないほどです。

 
ラベル:菊花茶 椿
posted by 豆狸 at 10:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

水仙

 水仙の一番手として、「ゴールデンレイン」が咲きました。

szk070216 008.01.jpg

 球が大きくて、「鉢、小さかったかなぁ?」と心配してたのですが、豆狸の心配をよそに、芽出しも早く、成長もビックリするほどで、アッとゆうまの開花です。

 花は小ぶりですが、八重とゆうか千重咲きに近い感じで多花性、花茎一つに十前後の花が、押し合いへしあい咲いてますので、その見事なこと。香も上品で、穏やか。

szk070216 012.01.jpg szk070216 011.01.jpg

szk070216 010.01.jpg

 その分花が多すぎて重いので、重さに耐えかねて花茎がお辞儀しそうなのと、春風が強いので振り回されそうなので、早い目に輪っか(ガード)をしようと思っています。

 眼に鮮やかな黄色い花。豆狸にとって黄色は、早春の色です。
posted by 豆狸 at 08:21| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水仙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

信楽070217

szk070217 012.01.jpg

 豆狸は今日、心のふるさと信楽です。先週に引き続いて豆狸作りです。

 前回作ってみてわかった問題点は、

1.ハッピの襟が、おかしい。
2.豆狸の手の位置が、おかしい。
3.盆栽の土はゴロと泥を混ぜ合わせてから、盛るほうがいい。
4.肩・肘の位置、要注意。

 この4点を、解決するべく作陶開始。

 以前の感覚がもどってきたのか快調にすすみ、問題点も改善されて、なんと12時半には出来上がり。

 雨も降り始めたので、うっとうしいので早い目に帰ることに。

 写真は、今回の豆狸の主要パーツです。これを組み立てて、頭の写真のようになります。

szk070217 002.01.jpg szk070217 003.01.jpg

szk070217 004.01.jpg szk070217 005.01.jpg

 う〜ん、雑木の寄せ植えが、活けタコの船盛りに見えてしまう。何とかしなくては。
ラベル:豆狸
posted by 豆狸 at 18:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

原種シクラメン

 szk070216 007.01.jpg
 
 原種シクラメン「コウム ゴランハイツ」が、咲き始めました。名前からもわかるように、自生地はシリア南部のゴラン高原。そんな行ったこともない所から、旅をして我が家にやってきました。

 花の直径は2cm・花茎は8cm・草丈は4cm・左右9cm・葉の大きさは1.5〜2cmのコンパクトサイズです。

szk070216 005.01.jpg szk070216 006.01.jpg

 カタログには、花色は純白とありましたが、単に個体差なのか我が家のは薄いピンクで、濃緑色のチッチャイ葉とのコントラストが絶妙です。

 春咲きの代表選手の「コウム」、葉もコンパクトで茎も徒長しないので、カチッと作ることが出来ます。鉢はお手製の山野草鉢として作ってる、珠鉢(たまばち)を合わせてみました。
posted by 豆狸 at 08:55| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 花卉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

チョコモス

 szk070214 001.01.jpg szk070215 005.jpg

 去年の10月に続いて、チョコモス「ノエルルージュ」ビックリの2度目の開花です。

 最初に咲いた花が終わり、12月中旬あたりからボチボチ葉が枯れ始めたので、枯れ葉・枯れ茎を掃除して年を越したのでした。

 地上部が枯れたら、覆土してやらねばと思っていたら、ある程度まで枯れてしまうと、そこでとまってしまい、しばらくすると蕾を持ち始めたではありませんか。その蕾たちが先週あたりから、にわかに咲き始めました。

 私としては開花のピークを撮影しようと、「もうチョッと・もうチョッと」と思っているうちに、ナメクジに花がやられてしまって、もうネタネタ。最後の一つで、何とか撮影に成功したのでした。

 最初に咲いたのと比べて見ると、二回りほど小さいですが、存在感のある花が、棚場でユラリ・ユラリとゆれています。

 今年の暖冬の影響で、このまま地上部は枯れずに春を迎えるのでしょうか?
posted by 豆狸 at 09:16| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | キク科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

福寿草「秩父真紅」

szk070212 010.01.jpg szk070213 007.01.jpg
 
 先日お話した、福寿草「秩父真紅(ちちぶしんく)」が咲きました。「秩父紅(ちちぶべに)」との違いとゆうと…。非常に微妙。

 花が開かない状態では、「秩父真紅」の方が黒っぽく見え、開花してるとこを見比べてみると、多少「秩父真紅」の方が色が濃いという程度で、「真紅」と名前に冠されてる理由を確認できないのが、残念。

szk070213 005.01.jpg 

 昔から、“紅花の品種は、寒中に咲いたものがより濃色で、後で咲く花ほど淡い色”と言われているところを見ると、今年の暖冬の影響が、出ているのかも知れません。

 暖冬の影響といえば、棚場を見回っているとナメクジの痕跡を発見。早速捕らえるべく夜回りをしてみると、ナメクジは見つけられなかったものの、ヨトウムシを発見。

 即捕殺したものの、例年に比べて一月ほど早い感じ。病虫予防も例年より前倒しして、やっていくほうが無難かもしれません。


参考文献;渇良園 月刊「園芸世界」'06年9月号
ラベル:秩父真紅 福寿草
posted by 豆狸 at 10:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月13日

焼き上がり

szk070210 017.01.jpg

 先週、信楽のみのる窯をお邪魔したとき、『タタラ作正方鉢』2鉢と『七草豆狸』3体が焼きあがっていました。

 今回の鉢は、母から引き継いだもみじの「紅枝垂(べにしだれ)」用で、同じ大きさで土と釉薬を変えて作ってあります。

 5年ほど前から、鉢替えしようと思って探していたのですが、市販品では思うものがなく、ついに自分で作ることにした物です。

 大きさは、縦・横23cm×高さ9.5cm。電車とバスを乗り継いで信楽に行っている私としては、持って帰るのが一苦労です。

szk070210 018.01.jpg szk070210 019.01.jpg

 ちなみに「紅枝垂(べにしだれ)」というのは、芽出しが赤い物をいうようで、正確には我が家のは「手向山(たむけやま)」という品種です。早く植え替えしなくては。
ラベル:盆器
posted by 豆狸 at 07:15| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

福寿草「秩父紅」

szk070211 001.01.jpg szk070211 002.01.jpg 
 暖冬の影響と、暖かい日差しに誘われて早くも、福寿草「秩父紅」が笑い始めました。

 我が家には、似た名前の福寿草「秩父真紅」とゆうのもあって、こちらももうすぐ笑い始めそうです。

 去年は、「秩父紅」が咲かなかったので、今年こそは名前についてる“真”の字の違いが、確かめられそうで楽しみです。
ラベル:秩父紅 福寿草
posted by 豆狸 at 09:53| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿草 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

ネオバッケリア

szk061105 001.01.jpg 以前お話した、ネオバッケリア・アングスティフォリアが、なぜ我が家にやってきたか、その事の起こりをお話します。

 去年の11月3日(金)文化の日。『大阪城公園秋の植木市』で、いつもお邪魔してる山野草店のご主人さんから、

 「面白い球根あるけど、どう? 南アフリカ産やけど」
 「え〜、温室いんのんと、ちがいますのん?」と、私。
 「無化温でええし、夏休眠、ユリ科の植物で、育てやすいよぉ」とのお勧めで、戴くことになったのでした。

 黒いプラ製の深鉢にクッキリと目立つ2枚の葉。名札には『ネオバッケリア・アングスティフォリア』と表記。これが出会いです。

 個人の趣味家の人が育てていて、球が増えたようやから持ってきてもらったとのこと。

 南アフリカ産の植物には、面白い物が多い割には、まだまだ市中にはほとんど出回っていない。

 夏は、シクラメンと同じ、強制休眠させることなどを伺う。

 ちなみに私としては、南アフリカ産で思いつくのはアッツ桜くらい。この先どうなっていくのか、楽しみです。

posted by 豆狸 at 15:32| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

信楽

szk070210 012.01.jpg 本日は、信楽に作陶です。先生は、10年来お世話になってる信楽の陶芸家松川 実先生です。

 今日は、新作の豆狸作り。9時55分作陶開始。頭→胴→脚→小物(今回は、盆栽)→ハッピと各パーツを作って、やわらかいうちに組み立てるので、時間との戦いです。

 12時35分無事完成。2ヶ月ぶりの豆狸だったので、うまく出来るか不安があたものの、何とか形になって一安心。

 今回のタイトルは、『ムロ出し豆狸』。冬越しのためにムロにいれたのを、春の訪れとともに「んしょっ」と、ムロから出したところを作ってみました。

 “ムロ入れは遅く、ムロ出しは早く”の言葉通り、私ももう少ししたら、ムロ出ししなくては。

ラベル:豆狸
posted by 豆狸 at 22:38| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

こんなん、咲きました

szk070125 003.01.jpg 大阪は、早朝からパラパラと雨。今はやんでるものの、午後からは本格的にふるような気配。

 こんなとき注意しなくてはいけないのが、“水やり”。雨が降ってるからと油断してると、棚下や、枝葉にさえぎられて水が届いてないことがあります。

 冬やから良いものの、夏やったら致命的なことになりかねません。今のうちに棚場まわって、“拾い水”しなくては。

 かわった花が咲きました。『ネオバッケリア・アングスティフォリア【Neobakeria angustifolia】』。

 この舌を咬みそうな名前の花は、南アフリカ原産の、ユリ科の植物です。しばらくすると、芯の部分が突き出してくるみたいですが、どうなるか今から楽しみです。
posted by 豆狸 at 10:10| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

ブログデビュー

szk070208 002.01.jpg はじめまして。

 今日から、ブログを始めることにしましたので、よろしくお願いします。


 写真は、一昨年の10月から作り始めた“豆狸”の記念すべき100体目。

 去年のテーマ“平成六節句”の最後を飾る、『七草豆狸』です。年末から年始にかけてのバタバタで、あまり作りこめなかったのが残念です。

 今年は何体作れるやら、満願の808体目指してコツコツ作っていくつもりです。
ラベル:豆狸
posted by 豆狸 at 15:34| 奈良 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陶芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。