2009年11月25日

植え替え工程

 植え替え工程を、“文章のみではなく、写真をヒトコマヒトコマ載せて説明したらもっとわかりやすくて面白いのでわ?”というご意見を戴きましたので、さっそく挑戦してみることにしました。

 ということで今回植え替えるのは、豆狸復活記念樹として購入した「雲竜枝垂れ源平桃」(うんりゅうしだれげんぺいもも)です。
szk091124 002.01.jpg

1.鉢から抜いて、土を落とす。今回の場合は、送られてきたままのポリポット。
szk091124 004.01.jpg

2.根をさばいて、根洗い。見れば、一目瞭然の接木素材。台木の太根ばかりが目立って、細根が寂しい限り。
szk091124 007.01.jpg

3.鉢を決める。使うのは今回この樹用に手に入れた、“山秋の烏泥雲足切立丸鉢(4寸)”。
szk091124 009.01.jpg

4.鉢底網をしく。
szk091124 011.01.jpg

5.ゴロを入れる。
szk091124 013.01.jpg

6.マグアンプKをパラパラ。
szk091124 014.01.jpg

7.用土でふたをする。
szk091124 016.01.jpg

8.植付け角度を決める。
szk091124 019.01.jpg

9.コイルで高さ調整。今回は高さ調整というよりも、太根の固定に利用。
szk091124 021.01.jpg

10.樹体をアルミ線で固定。
szk091124 023.01.jpg

11.用土をすきこむ。
szk091124 025.01.jpg

12.用土を点圧する。
szk091124 027.01.jpg

13.コケをはる。
szk091124 028.01.jpg

14.『息吹』をやる。『息吹』というのはもともと農業用の“機能性土壌改良剤”で、鉢植えにも応用できないかと10年以上前から使っています。

 ……と、ここまで書いてきて制限容量がいっぱいになってしまいました。

 というわけで急遽新しいブログ『豆狸のマメマメ日記U』http://mameda88.seesaa.net/に引っ越すことになりました。

 中途半端ではありますが、お馴染み様には引き続きご贔屓いただきますよう、宜しくお願いします。

 ではでは<(_ _)>。


posted by 豆狸 at 05:16| 大阪 ☔| バラ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

テロリスト・ニュース

szk091123 001.01.jpg szk091123 002.01.jpg szk091123 003.01.jpg

 新兵器投入によりテロ被害が無いということで、初期の対応策として置いていた“土だけの鉢”を片付けた翌日、朝の棚場の見廻りでビックリ。

 裏に置いてある冬越し用の発泡スチロールの箱に、引っ掻かれた痕があり、周辺に発泡スチロールが散乱しています。

 去年も似たようなことがあったのですがそのときは、水やりのホースが引っかかったのか、靴で擦ったのかと思っていたのですが、これでハッキリしました。

 これは、テロリストの示威行為。今回の場合は、“土だけの鉢”を片付けたことに関する腹いせであり、そんなことをしても意味が無いということの意思表示。

 こうなっては、豆狸も腹をくくって対応していかなくては。経過を注意深く観察しながらも、次の手を打たなくては。

szk091123 004.01.jpg szk091123 005.01.jpg szk091123 007.01.jpg

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 05:01| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

八手PART2

 引き続き今回は、八手の斑入り種「袖絞り」(そでしぼり)と「白散斑」(はくさんふ)の植え替えです。

 「袖絞り」は、買ったときのカタログの説明書きによると、“芽吹き時の新葉は真っ白で、大きくなるに従って序々に白散斑へと変化。鉢でも楽しめる斑入りヤツデの美品”とあります。

 「白散斑」(豆狸的には“はくさんふ”より、“しろちりふ”の呼び方の方が好き)は、残念ながら資料が残っていないので「袖絞り」との具体的な差異がわからず、下手をすると呼び名が違うだけで、同じ物かもしれない疑問があります。

 豆狸の植え替え工程は、“鉢から抜いて土を落とし→根をさばいて根洗い→鉢を決める→鉢底網をしく→ゴロを入れる→マグアンプKをパラパラ→用土でふたをする→植付け角度を決める→コイルで高さ調整→樹体をアルミ線で固定→用土をすきこむ→用土を点圧する→コケをはる→息吹をやる”の順です。

■八手「袖絞り」■【Fatsia japonica“Sodesibori”】 ウコギ科
szk091110 027.01.jpg szk091113 016.01.jpg szk091113 017.01.jpg
szk091113 018.01.jpg szk091113 019.01.jpg szk091113 021.01.jpg

■八手「白散斑」■【Fatsia japonica“Hakusannhu”】 ウコギ科
 「袖絞り」に比べて、根張りが悪いのがチョッと心配。侵入してきていた「姫いたび」は、そのまま「磯馴」(そなれ)の鉢に移植。
szk091110 032.01.jpg szk091115 007.01.jpg szk091115 011.01.jpg
szk091115 013.01.jpg szk091115 014.01.jpg szk091115 034.01.jpg

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 新兵器投入によりテロ被害が無いことと、水仙が一斉に芽吹き始めたこともあり、初期の対応策として置いていた土だけの鉢だけが目立つこととなり、本日を持って終了とすることにしました。 お役目ご苦労様でした。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

八手

 今回は、平成14年9月に植え替えて以来そのままの、取木をした「八手」(やつで)の親木の植え替えです。
szk091110 029.01.jpg

 ちなみに取木って言うのは、“親木の枝や茎の一部を傷つけたり皮をはいだりして発根させてふやす方法”で、小品盆栽をする上で必須のテクニックです。

 鉢から抜いてみると、心配していたほどのダメージは無くてホッと一安心。ただ長期間植え替えなかったせいか、1株だったのが自ら分かれて2株に分離しています。
szk091113 002.01.jpg szk091113 004.01.jpg

 根洗いをして枯れた幹を取り除くと、かなり寂しい感じになるので、急遽取木をした方の株と寄せて植えつけることに。
szk091110 030.01.jpg

 同じように取木をした方も根洗いをして掃除をした後、台木と組み合わせて見ます。いいポジションが見付かったので、輪ゴムで仮止めした後、アルミ線で本止め。
szk091113 007.01.jpg szk091113 008.01.jpg szk091113 011.02.jpg

 座の面白みが目立つように、アルミ線でコイルを作って高さを調節。位置が決まると鉢底穴から通したアルミ線で、しっかりと固定します。
szk091113 013.01.jpg szk091113 014.01.jpg

 土を隙間無く突きこみ、仕上げにコケを貼って完成。取木をかけて2鉢に分かれた1本の樹が、今回又一つの鉢に収まりました。
szk091113 020.01.jpg

 上手く根っこが絡み合って、一体化しますように。

■八手■【Fatsia japonica】
ウコギ科

参考文献;『失敗しない さし木・とり木・つぎ木』成美堂出版

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日何事も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

ラベル:ヤツデ 八手
posted by 豆狸 at 05:01| 大阪 ☀| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月21日

白花対決

 今季も咲いてくれた「山茶花」(さざんか)2種。「白寒椿」(しろかんつばき)と「姫白菊」(ひめしらぎく)の白花対決です。

 どちらも同じ“カンツバキ群”で花の大きさ雰囲気も似ているように見えますが、よく見ると微妙に違います。

 両方とも世話がいき届かなかったせいもあって、樹姿がだいぶ乱れてきています。来年はしっかりと剪定して、切った枝は挿し木して殖やしてみたいとおもいます。

 優劣つけがたい2品種。綺麗に咲いてくれて、ありがとう。

■山茶花「白寒椿」■【Camellia sasanqua“shiro-kantsubaki”】 ツバキ科
szk091115 048.01.jpg szk091115 049.01.jpg szk091115 054.01.jpg

■山茶花「姫白菊」■【Camellia sasanqua“Hime-shiragiku”】 ツバキ科
szk091115 056.01.jpg szk091115 057.01.jpg szk091115 062.01.jpg

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 門柱で撮影をしていると、豆狸に気付かなかったのか堂々と門扉から侵入を図ろうとするテロリスト。
 豆狸に気付き慌てて遁走した物の、身体は皮下脂肪を溜め込んで丸々。今日はじめて気付いた、尻尾もなぜか丸々??
 それにしても、油断も隙もあったもんじゃない。ホンと気をつけなければ。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。
posted by 豆狸 at 04:54| 大阪 ☁| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

節分草

 病気で気持ちがふさぎがちな母を喜ばせたくて、平成20年1月に植えつけた「節分草」(せつぶんそう)。想いははたせなくて、出てきたのは葉っぱだけで今年も同じ状態。
szk091110 001.01.jpg

 何となく様子がおかしいので、植え替えも兼ねて掘り出してみることに。掘り出してみると、球はあることはあるのですが、肥大してもとの姿をとどめていません。
szk091110 018.01.jpg szk091110 018.02.jpg

 今回新たに入手した球と比べてみると、大きさは倍近くあり、色も違います。見た目も大きさも変わってしまった「節分草」。
szk091110 018.03.jpg szk091110 018.04.jpg szk091110 018.05.jpg 

 原因はわからないものの、球は腐ってる様子も無く、病気・虫にやられてる様子も無いので、一緒に植えつけることに。

 はたして来季は、花を拝めることが出来るのでしょうか?
szk091110 033.01.jpg

■節分草■【Shibateranthis pinnatifida (Maxim.) Satake et Okuyama】
キンポウゲ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日何事も無し。この平穏が続きますように。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:55| 大阪 ☀| キンポウゲ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

飛び込み苗

 観音竹「一寸法師」(かんのんちく「いっすんぼうし」)の鉢に飛び込んでいる「ローズマリー」です。こんなちっちゃいのに、ちゃんと「ローズマリー」しています。
szk091110 002.02.jpg szk091110 002.01.jpg szk091110 002.03.jpg

 「一寸法師」の方は植え替えたとして、「ローズマリー」をこのまま放っておくわけにも行かないので、これを機会に鉢上げすることに。
szk091110 013.01.jpg

 たぶんこの「ローズマリー」の親は「ローズマリー・クリーピング」だと思うのですが、何種類か一緒に置いてあるので、今の所確証がありません。

 全部で5株の「ローズマリー」、軸がシャーペンの芯ほどもなく根も絡まっていないこの状態の実生苗を植えつけるのが豆狸は一番苦手。
szk091110 015.01.jpg szk091110 016.01.jpg szk091110 017.01.jpg

 それでも、何とか見繕った春嘉の鉢に植えつけることが出来ました。実生から育てていくのは時間がかかるといわれてる「ローズマリー」ですが、気長に持ち込んでいくつもりです。
szk091118 028.01.jpg

■ローズマリー(Rosemary)■【Rosmarinus officinalis L.】
シソ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 朝晩冷えてきたせいか、テロリストを見かけることがなくなりましたが、油断は禁物です。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。
posted by 豆狸 at 04:43| 大阪 ☁| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月18日

観音竹

 今回は、世界最小の観音竹と言われてる「一寸法師」(いっすんぼうし)の植え替えです。購入したときのカタログの説明書きによると、

 “「綾錦」の実生から出た超小型種。葉はセッコクぐらいの大きさの1枚葉で親になってもほとんど分かれません。濃緑地に乳白色の縞”とあります。
szk091110 002.01.jpg

 鉢から出してみると、根っこがきれいにまわっていて元気なことがわかります。根っこをさばいてみても根っこが硬くて根鉢が崩れることもありません。
szk091110 003.01.jpg

 かえって根っこが硬すぎて、立とう立とうとするのでアルミ線でしっかりと上から押さえておかないと、土を入れるたびに浮き上がってきそうです。
szk091110 006.01.jpg

 そのおかげで今回は底上げするコイルの必要も無く、一箇所押さえるだけで充分固定できました。
szk091110 010.01.jpg

 鉢は伝市の中深鉢にいれ、仕上げにミズゴケをのせて起きます。趣のある一鉢が出来上がりました。
szk091110 012.01.jpg szk091110 019.01.jpg

■観音竹「一寸法師」■【Rhapis excelsa“Issun-bousi”】
ヤシ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 朝から終日の雨。気温もいっきに下がったこともあり、テロリストも行動が制限されているようです。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。


posted by 豆狸 at 04:43| 大阪 ☁| 樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

チョッとおかしい

szk091115 039.01.jpg szk091115 041.01.jpg szk091115 046.01.jpg

 今年も、プロテスタント系キリスト教会が運営する保育園の経営者夫人の名前が冠された、洋種系の山茶花「ビートリスエミリー」が咲き始めました。

 蕾を確認したときから、今か今かと開くのを待っていたのですが、開き方がどうもおかしいので、置き場所から引っ張り出してみました。

 写真からでもわかる通り、置き場所のせいか? 蕾に問題があったのか? 何かに引っかかったのか蕾が完全に開ききらず、片一方に引っ張られたような感じです。

 満開したときの花が見事なだけにこの状態は残念ですが、これはこれなりに“抱え咲き”って思うことで楽しんでいます。

 それにしても、こうなったのは先天的理由からか、それとも後天的理由からか理由がハッキリしない所が困りもの。来季はこの辺をしっかりと、確認していかなくては。

 とはいえ、精一杯咲いてくれてありがとう。

szk091115 043.01.jpg szk091115 042.01.jpg szk091115 045.01.jpg

■山茶花「ビートリスエミリー」■【Camellia sasanqua“Beatrice Emily”】
ツバキ科

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 今週豆狸は、一般回収ゴミの“網当番”。その網を広げてみてビックリ、一箇所ポッカリと穴があいてるではありませんか。猫が噛んだ痕です。
 こんな丈夫な網を噛み破るなんて、この調子で豆狸ンちもやられては叶いません。目立った動きは認められないとしても、気をつけなければ。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 04:46| 大阪 ☔| 椿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

星斑姫葉蘭

 今回は九州南部の宇治群島・黒島・諏訪之瀬島が野生地といわれてる「葉蘭」(はらん)の植え替えです。

 「葉蘭」は「葉蘭」(ばらん)・「馬蘭」(ばらん)ともいわれ、別名「葉蘭」(ばれん)・「一葉」(ひとつば)とも呼ばれています。

 豆狸ンちの「星斑姫葉蘭」(ほしふひめはらん)は中国原産の品種で、姫性ということで平成16年3月に種苗会社から入手した物です。
szk091107 024.01.jpg

 春先掃除をしていた折たまたま花殻を見つけ、花の写真が撮れなかった悔しい思いがあります。株も鉢の縁に偏って、窮屈そうなので植え替えることに。

 株を鉢から出してみると、根っこは下には行かず水平方向に発達して充実しています。地下茎も見事にV字形になり、殖えていることがわかります。
szk091108 008.01.jpg szk091108 010.01.jpg szk091108 012.01.jpg

 根っこは見た目とは違って、丈夫でなかなか言うことを聞いてくれません。鉢に入れた株の地下茎が発達する部分にスペースを確保するために、手で押さえたまま土を入れて突きこんでいきます。
szk091108 014.01.jpg

 土がしっかり入って根っこが動かないことを確認してから、ようやく手を抜きます。鉢はひとまわり大きな伝市鉢にして、地下茎が充分発達できるようにしてみました。
szk091108 017.01.jpg

 これで地下茎が充実して、今年こそは花の写真が撮れますように。……、そういえば今は亡きお祖父ちゃんちの手水鉢の下に、普通の「葉蘭」が植わってたなぁ。

■星斑姫葉蘭■
ユリ科

参考文献;『図説 草木名彙辞典』柏書房
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』“ハラン”の項参照

◆昨日のテロリスト・ニュース◆
 本日も、目立った動きは認められず。気温が下がり始めたことも、多少影響があるのかもしれません。

●都合により、『最近のコメント』欄は閉鎖させていただくことになりました。

 代わりに『豆狸の書き込み寺』を設けましたので、ご意見ご感想などは、こちらの方へ宜しくお願いします。

 但しコメントは承認制となっておりますので、反映するのに多少時間がかかってしまうことがあります。
 また、こちらで不適切と判断させていただいた内容については、否認または削除させていただく場合もございますので、ご了承ください。

posted by 豆狸 at 04:41| 大阪 ☁| ユリ科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。